Research press release

臨床診断を手ごろな価格に

Nature Medicine

Making clinical diagnoses affordable

医療資源の限られた辺鄙な地域でも感染症の早期発見ができるようになる、安価な方法の報告が寄せられている。

世界の最も貧しい地域では、臨床検査のために医療機関や研究機関を訪れる確実な交通手段がない場合もあるが、そういった地域に住む人々の健康状態の改善につながる技術の開発は、科学技術の難しい課題の1つである。

S Siaたちは、製作、液体処理、シグナル検出のための新しい操作を1つにまとめた経済的で使いやすい感染症アッセイ、“mChip”アッセイを開発した。この“mChip”の試験をルワンダで行い、地元で採取した何百もの血液サンプルを調べたところ、使用する血液わずか1マイクロリットルでHIVと梅毒の診断に優れた性能を発揮し、その感度は実験室で行われている臨床検査に匹敵することがわかった。

An inexpensive technology that would allow for early detection of infectious diseases in resource-limited and remote settings is presented in a new study published online this week in Nature Medicine.

A challenge for science and engineering is to develop technologies that improve human health in the poorest regions of the world, which may not have reliable access to lab areas for clinical testing.

Samuel Sia and his colleagues integrated new procedures for manufacturing, fluid handling and signal detection, into a single, economical, easy-to-use assay for infectious diseases — the “mChip” assay. The researchers tested the ‘mChip’ in Rwanda on hundreds of locally collected blood samples and found excellent performance in the diagnosis of HIV and syphilis using only one microliter of blood, with a sensitivity that rivals those of reference clinical assays performed in labs.

doi: 10.1038/nm.2408

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度