Research press release

内分泌学:テストステロンの疾患リスクへの影響は女性と男性とで異なる

Nature Medicine

Endocrinology: Testosterone affects disease risk differently in women and men

テストステロンの量は心代謝性疾患やがんのリスクに影響を及ぼす可能性があるが、影響の仕方は女性と男性で異なることが報告された。

テストステロンは女性と男性の両方が産生するホルモンの一種で、テストステロン補充療法は骨の健康、性機能や体組成の改善に広く使われている。しかし、テストステロンが疾患の転帰に及ぼす影響については、ほとんど分かっていない。

今回J Perry、T Fraylingたちは、英国のバイオバンク研究参加者42万5097名から得られたテストステロン量のデータと遺伝的データを使って、テストステロンを調節している2571の遺伝的変数を調べ、それらと2型糖尿病や多嚢胞性卵巣症候群のような代謝疾患、それにがんとの関連を調べた。遺伝的にテストステロン量が高い傾向のある女性では、2型糖尿病リスクが37%、多嚢胞性卵巣症候群のリスクが約50%も高くなることが分かった。男性では、高めのテストステロン量は一般に保護作用を示し、2型糖尿病のリスクは15%近く下がった。また高いテストステロン量は、女性では乳がんと子宮内膜がん、男性では前立腺がんリスクの上昇につながることも明らかになった。

これらの知見は、テストステロンが健康に及ぼす影響に女性と男性で違いがあることを示していて、今後の臨床研究では性別特異的な遺伝的解析が必要であることがはっきりしたと著者たちは考えている。

Levels of testosterone may influence the risk of cardiometabolic diseases and cancer differently for women and men, according to a new study published in Nature Medicine.

Testosterone is a hormone produced naturally by both women and men, and testosterone supplementation is widely used for enhancing bone health, sexual function and body composition. However, its effects on disease outcomes are poorly understood.

John Perry, Timothy Frayling and colleagues used testosterone levels and genetic data available in 425,097 UK Biobank participants. They examined 2,571 genetic variables that regulate testosterone and their associations with metabolic diseases, such as type 2 diabetes and polycystic ovarian syndrome, as well as cancer. They found that women genetically predisposed to higher legels of testosterone had an increased risk of type 2 diabetes by 37% and polycystic ovarian syndrome by around 50%. In men, higher testosterone generally had a protective effect and reduced the risk of type 2 diabetes by nearly 15%. Higher testosterone was also shown to be associated with an increased risk of breast and endometrial cancers in women and prostate cancer in men.

The authors conclude that these findings demonstrate the diverse effects of testosterone on health for women and men and highlight the need for sex-specific genetic analyses in future clinical research.

doi: 10.1038/s41591-020-0751-5

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度