Research press release

出生前のアンドロゲン曝露は多嚢胞性卵巣症候群のリスクにつながる

Nature Medicine

Prenatal androgen exposure linked with polycystic ovarian syndrome risk

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に罹患している女性から生まれた娘は、PCOSを発症するリスクが5倍に上昇していることが明らかになった。

PCOSの患者数は生殖可能年齢の女性の17%に達している。この疾患は受精率の低下や2型糖尿病、また不規則な月経周期のような健康に有害な事象に関連していて、その全てが肥満によってさらに悪化する。PCOSの罹患率は高く、女性の健康に対する影響も深刻だが、その原因やリスク因子はほとんど明らかになっていない。これまでの研究から、遺伝学だけではPCOSの遺伝率の最大でも10%程度しか説明できないと考えられている。

E Stener-Victorinたちは、PCOSを発症したスウェーデン女性の診療記録を解析し、またチリで行われた症例対照研究からPCOS患者とその娘からなるコホートを追跡した。PCOSを発症したスウェーデン女性とチリ女性の両方で、その娘がPCOSと診断される確率が通常の5倍に上昇していることが分かった。こうした影響の原因をさらに調べるために、著者たちはマウスを使って研究を行い、ヒトで観察されたような世代間で伝達される影響の原因となっているのは、妊娠中の肥満ではなく、出生前のアンドロゲン曝露であることを明らかにした。また、この影響は複数世代にわたって存続し、最大で3世代にわたって受け継がれることも示された。

これらの知見によって、PCOSという不均一な疾患が持つ複雑性の一部が解明され、これからの世代の女性でのPCOS罹患を防ぐ研究を進めるための基盤が得られた。

Daughters of women with polycystic ovarian syndrome (PCOS) are at five times greater risk of developing the condition, according to a new study published in Nature Medicine.

PCOS affects up to 17% of women of reproductive age and is associated with reduced fertility, type 2 diabetes and other detrimental health effects, such as irregular menstrual cycles (all of which can be exacerbated by obesity). Despite the high prevalence of the condition and the severity of the impact on women’s health, the causes and risk factors of PCOS are largely unknown. Previous studies have suggested that genetics alone accounts for only up to 10% of the heritability of the disorder.

Elisabet Stener-Victorin and colleagues analysed medical records of women with PCOS in Sweden and followed a cohort of Chilean women with PCOS and their daughters from a case - control study. They found that the daughters of both the Swedish and Chilean women with PCOS were five times more likely to be diagnosed with the disorder. To further understand the drivers of this effect, the authors also performed studies in mice. They found that prenatal exposure to androgen hormones, and not obesity in pregnancy, was responsible for the observed transgenerational effects and that these effects persisted and were passed on for up to three generations.

These findings unravel some of the complexity of this heterogeneous disorder and lay the foundation for further studies aimed at preventing PCOS in future generations of women.

doi: 10.1038/s41591-019-0666-1

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度