Research press release

健康的なライフスタイルは認知症リスクの低下につながる

Nature Medicine

Healthy lifestyle linked with lower dementia risk

遺伝的な認知症リスクが低いか中程度の場合には、健康やライフスタイルに関わる要因を変えることで、こうしたリスクを下げられる可能性が出てきた。

認知症は複雑な病気で、その原因はまだはっきりしていないが、遺伝的要因とライフスタイルに関わる要因(定期的な運動をしていないなど)が主な促進因子だと考えられている。これまでの研究は、主として個々の防御因子に注目してきた。しかし、複数の因子を組み合わせた場合の有益な効果は、個々の因子の総和よりも大きくなる可能性がある。

ライフスタイルに関わる要因と遺伝的素質の組み合わせが認知症リスクに及ぼす影響を調べるため、S Licherたちは、ロッテルダム研究(オランダの高齢者コホートの長期追跡研究)の55歳以上の参加者から得た6000人分を超えるデータの解析を行い、望ましい健康要因やライフスタイル要因(例えば定期的な運動、健康的な食事、限定的なアルコール摂取、禁煙など)に基づいて、個々の参加者に点数をつけた。その結果、遺伝的な認知症リスクが低い場合には、望ましいライフスタイル要因の点数が認知症リスクのさらなる低下と関連付けられることが示された。これとは逆に、遺伝的な認知症リスクが低い参加者であっても、ライフスタイルに関する要因の点数がよくない場合は、リスクが高くなることが分かった。また、遺伝的素質から認知症リスクが高くなっている人では、ライフスタイルが望ましいものであっても、望ましくないものであっても、認知症リスクには影響が見られないことも明らかになった。

ロッテルダム研究は大規模で長期にわたる計画である点が長所になっているが、今回の知見についてはこれとは無関係な集団での解析を行って確かめる必要があると、著者たちは述べている。

Modifying health and lifestyle factors may lower the risk of dementia for individuals already genetically predisposed to low or intermediate dementia risk, according to a study published this week in Nature Medicine.

The exact causes of dementia remain unclear, but both genetic and lifestyle factors - such as a lack of regular exercise - are considered to be the main drivers of this complex disease. Previous studies have mostly focused on one individual protective factor, yet the combination of multiple factors may yield more beneficial effects than the sum of their parts.

To examine the combined influence of lifestyle factors and genetic predisposition on dementia risk, Silvan Licher and colleagues analysed data from more than 6,000 individuals aged 55 and over from the Rotterdam Study. The authors assigned a score to each participant based on favourable health and lifestyle factors, such as regular physical activity, healthy diet, limited alcohol consumption, and abstention from smoking. The authors found that among individuals with low genetic predisposition, a favourable lifestyle score was associated with a further lowering of risk for dementia. Conversely, those with an unfavourable lifestyle score were shown to have elevated dementia risk, even participants with low genetic dementia risk. They also found that neither favourable nor unfavourable lifestyles seem to modify dementia risk among people who already have elevated genetic predisposition.

The authors note that while the study benefits from a large, longitudinal design, the findings will need to be confirmed in independent population analyses.

doi: 10.1038/s41591-019-0547-7

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度