Research press release

2000年から2017年のアフリカ諸国における完全母乳育児の状況

Nature Medicine

Mapping exclusive breastfeeding in Africa between 2000 and 2017

2025年までに完全母乳育児を世界の50%以上に普及させようという世界保健機関(WHO)の目標を、アフリカ大陸の国々のほとんどは達成できそうもないという新しい調査結果が報告された。

完全母乳育児とは、他の食品やミルク、水などを足さずに、母乳だけを与える育児法で、出生後の最初の6か月間を完全母乳で育てるのは、小児の死亡率を低下させる最も効果的な方法の1つと考えられている。2014年、WHOの加盟国は母親、乳幼児と子どもの栄養改善を目指して、2025年までに達成すべき国際栄養目標を設定した。完全母乳育児の普及はその1つである

S Hayたちは、アフリカの49か国での完全母乳育児の普及の状況と動向について、詳細な地理空間的解析を行った。2017年の時点で、6か月未満の乳児のうち完全に母乳だけで育てられているのは37%にとどまることが明らかになり、この値はアフリカの各国の間でかなりばらつくことが判明した。さらに、2025年までにWHOの普及目標の50%を達成するための努力が順調に進んでいるのは、解析した49か国のうち18か国に過ぎないことも分かった。

この研究について論じたNews & Views(Nat. Med. 25, 1190–1191(2019))では、P Reimersたちが国レベル、地域レベルでの政策立案と実行についての情報を得るのにこの研究が非常に役に立つことを指摘している。彼らはまた、完全母乳育児の推進策を考える際には、社会や共同体の状況に加えて、母親と子どもの実際の生活を把握することが基本的にまず必要だと強調している。

Most African countries will not meet the World Health Organization (WHO) Global Nutrition Target of 50% exclusive breastfeeding prevalence by 2025, according to a new study published online this week in Nature Medicine.

Exclusive breastfeeding - the practice of feeding an infant only breastmilk, with no additional food, milk or water - during the first 6 months of life is thought to be one of the most effective strategies for reducing child mortality. In 2014, WHO member states committed to achieving Global Nutrition Targets aimed at improving maternal, infant and young-child nutrition by 2025.

Simon Hay and colleagues conducted a fine-scale geospatial analysis of the prevalence and trends in exclusive breastfeeding in 49 African countries. They showed that only 37% of infants under 6 months of age were exclusively breastfed in 2017, and observed substantial variation within and among countries across the continent. In addition, they found that only 18 of the 49 African countries included in the analysis are on track to meeting the WHO target of 50% coverage at the national level by 2025.

In an accompanying News & Views article, Penelope Reimers and colleagues note the usefulness of this research for informing policy development and implementation at the national and local levels. They also underscore the fundamental need to account for social and community context and the lived experiences of mothers and their children when considering policies to promote exclusive breastfeeding.

doi: 10.1038/s41591-019-0525-0

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度