Research press release

心血管疾患発症リスクのある患者の健康状態を腸内細菌の投与によって改善する

Nature Medicine

Gut bacteria treatment may improve the health of patients with cardiovascular risks

特定の腸内細菌の量を増やすことが、体重過多(標準体重を超過している)あるいは肥満の人に有益な影響をもたらす可能性があることが、小規模な臨床試験で示された。Akkermansia muciniphilaは腸内細菌の一種で、体重過多や肥満、もしくは未治療の2型糖尿病や炎症性腸疾患がある患者では腸内の存在量が低下している。今回の実験では、この菌のヒトへの投与が安全であり、健康状態の改善につながることが明らかになった。

患者数が世界的に増加しつつある心血管代謝疾患に対処する方法の1つとして、腸内微生物相を標的とする介入は研究者の関心を集めている。以前に行われた動物モデルを使った研究では、A. muciniphilaに健康増進作用があり、肥満や耐糖能異常、インスリン抵抗性、肝臓の脂肪蓄積を軽減することが明らかになっている。

P Caniたちは、概念実証研究としてA. muciniphilaの生菌、もしくは低温殺菌処理した菌のヒトへの投与を行い、投与は安全で耐容性が良好であることを示した。この実験では、32人のボランティアがプラセボもしくはA. muciniphilaのどちらか一方を、補助食品として3か月間摂取した。プラセボを摂取した参加者と比較したところ、低温殺菌処理したA. muciniphilaを摂取した参加者だけにインスリン感受性の改善、インスリンレベルの低下、腸の障壁機能改善の兆候、血中コレステロールの低下などが見られた。低温殺菌処理したA. muciniphilaの有益な作用が3か月以上持続するかどうかを確認し、もっと多くの患者が参加する対照臨床試験で効果を評価するには、さらに研究が必要だと著者たちは述べている。

Boosting the levels of specific gut bacteria may have beneficial effects for overweight or obese people, reports a small clinical trial published online this week in Nature Medicine. Akkermansia muciniphila is a species of gut bacteria less abundant in the gut of individuals that are overweight or obese, or that have untreated type 2 diabetes mellitus or inflammatory bowel diseases. This study suggests that it is safe for administration in humans and is associated with improvement in health.

To overcome the worldwide evolution of cardiometabolic diseases, scientists have increasingly focused their attention on interventions targeting the gut microbiota. Previous research identified that A. muciniphila has health-promoting effects in animal models, reducing obesity, glucose intolerance, insulin resistance and the accumulation of fat in the liver.

In a proof-of-concept study, Patrice Cani and colleagues report that treatment with live or pasteurized A. muciniphila is safe and well-tolerated in humans. A total of 32 volunteers received either placebo or A. muciniphila as a dietary supplement for 3 months. Only the participants who received the pasteurized bacteria preparation presented with improved insulin sensitivity, reduced levels of insulin, signs of a better gut barrier, and cholesterol in the blood, as compared with individuals who received a placebo. Further research is needed to verify if the beneficial effects of pasteurized A. muciniphila are sustained beyond 3 months and to evaluate efficacy in controlled clinical trials with a larger number of patients, the authors conclude.

doi: 10.1038/s41591-019-0495-2

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度