Research press release

1回の注射で、サルを長期にわたってHIVから守る

Nature Medicine

Single injection for long-lasting HIV protection in monkeys

HIVを標的とする抗体を1回注射するだけで、サルのHIV感染を最長20週間にわたって防止できたことが報告された。この結果は、HIV感染を抗体の間欠的な接種によって予防する方法につながると考えられる。

HIV感染症については30年以上にわたって研究が続けられてきたが、ワクチンも治癒に至る手段もまだ存在しない。しかしHIV特異的免疫応答の研究から、HIV感染者では幅広いウイルス系統の感染を防ぐ抗体が産生される場合があることが明らかになっている。このような抗体を使ってHIV陽性被検者のウイルスレベルを制御する方法については臨床試験が現在進行中であり、また、この抗体で感染を防げるかどうかを調べる前臨床試験もサルで行われている。

今回M Martinたちは、抗体のサルへの単回の注射によって、サル–ヒト免疫不全ウイルス(SHIV)への感染が長期間防がれることを報告している。注射に使われた抗体は2種類のHIV中和抗体を修飾することで開発されたもので、修飾によって抗体が血液中に存在する期間が、修飾していない場合の2~4倍に長くなっている。これらの修飾抗体を組み合わせた皮下注射により、ほとんどのサルが平均20週間(中央値)にわたってSHIV感染から守られた。

単回投与でもHIV感染に対してある程度持続的な防御を誘発できるという今回の抗体は、HIVワクチンがないという現在の状況下で、年1回あるいは2回の曝露前予防投与に使える薬剤を開発するための基盤となりそうだ。

Just one injection of long-lasting, HIV-targeting antibodies protects monkeys from HIV infection for up to 20 weeks, reports a paper published online this week in Nature Medicine. This result supports the development of an intermittent prophylactic injection of antibodies for prevention of HIV infection.

Despite more than 30 years of research, there is no vaccine or cure for HIV. Research into HIV-specific immune responses, however, shows that individuals with HIV can develop antibodies that block infection by a broad range of viral strains. These antibodies are being clinically tested for use in controlling virus levels in individuals who are HIV-positive, and they are being preclinically tested in monkeys to determine whether they can prevent infection.

Now, Malcolm Martin and colleagues report that monkeys can be protected from simian HIV (SHIV) infection in the long term with a single injection of antibodies. The injection was developed by modifying two distinct HIV-neutralizing antibodies, which enabled them to remain in the bloodstream for two- to four-times longer than unmodified antibodies. The injection of the modified antibodies protects most animals from SHIV for a median of 20 weeks when administered as a combination subcutaneous injection.

The ability to induce durable protection from HIV infection with a single injection lays the groundwork for developing antibodies for use as an annual or biannual pre-exposure prophylactic in the absence of an HIV vaccine.

doi: 10.1038/s41591-018-0001-2

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度