Research press release

BIN1がかかわる筋疾患

Nature Medicine

BIN-ning muscle disease

筋強直性ジストロフィーは多く見られる種類の筋ジストロフィーだが、この病気で見られる筋肉の活動異常に、BIN1遺伝子のRNAスプライシングの誤りがかかわっていることがわかった。この知見は、筋強直性ジストロフィーの重要な症状の原因となる新しい機序を示している。

筋強直性ジストロフィーは、筋肉のミオトニア(筋強直症)とよばれる活動異常と筋萎縮を特徴とする。この病気の原因は、特定の遺伝子の変異が変異した結果、RNAのトリプレットリピート(三塩基反復)が長くなることである。この伸長した反復配列が重要なRNAプロセシング酵素を隔離するため、他の遺伝子のRNAスプライシングに誤りが生じる。

N Charlet-Berguerandたちは、この影響を受けるRNAの1つが、BIN1遺伝子からつくられるRNAであることを発見した。BIN1は、骨格筋細胞の膜構造の形成に不可欠であることが知られていて、骨格筋の興奮と筋収縮が正しく結びつくのは、この膜構造のおかげである。BIN1の誤ったスプライシングによってBIN1の異常なアイソフォームが発現され、この膜構造に異常が生じて興奮-収縮の連係が損なわれることが、ミオトニアの説明になりそうだ。

Missplicing of the RNA of the BIN1 gene is associated with improper muscle activity in a common form of muscular dystrophy, called myotonic dystrophy. These findings, reported online this week in Nature Medicine, identify a new mechanism that explains an important aspect of this disease.

Myotonic dystrophy is characterized by improper muscle activity, or myotonia, and muscle wasting. The disease is caused by mutations in certain genes that result in an expansion of tri-nucleotide repeats in their corresponding RNAs. These repeated nucleotide sequences then sequester important RNA processing enzymes that result in missplicing of the RNA of other genes.

Nicolas Charlet-Berguerand and his colleagues find that one of the RNAs affected is for the gene BIN1. BIN1 is known to be critical in the formation of a membrane structure in skeletal muscle cells that allows for the proper coupling of excitation and contraction of the muscles. Missplicing of BIN1 results in the expression of a defective BIN1 isoform such that this membrane structure and excitation-contraction coupling is defective, likely explaining the myotonia.

doi: 10.1038/nm.2374

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度