Research press release

悪さをする細菌

Nature Medicine

Misbehaved bacteria

腸内細菌叢の細菌の一部が結腸がんを引き起こすことがあるが、この好ましくない影響についての分子機構が明C Searsたちは、毒素原性Bacteroides fragilis(ETBF)の腸内定着によって結腸がんが発生する過程を調べた。その結果、ETBFも非毒素原性B. fragilis(NTBF)もマウスの腸内に定着するが、ETBFだけが結腸の炎症と腫瘍の引き金になることが判明した。このような症状には、インターロイキン17(IL-17)による細胞シグナル伝達の増加が伴う。極めて重要だったのは、IL-17又はIL-23が仲介するシグナル伝達を遮断すると、IL-17応答を増幅するサイトカインが、ETBFに起因する炎症と腫瘍形成を防いだことである。

今回の知見からは、ありふれた腸内細菌によって引き起こされる炎症誘発性がんについてIL-17依存的な経路が明らかになった。これは、ヒト結腸がんの機構に関する新たな手がかりであり、今後探究すべき新たな治療法への道を開くものである。

Some bacteria in the intestinal flora can cause colon cancer, and a study in this week's Nature Medicine discloses a molecular mechanism for this undesirable effect.

Cynthia Sears and her colleagues explored how intestinal colonization by enterotoxigenic Bacteroides fragilis (ETBF) can lead to colon cancer. The group found that, whereas both ETBF and nontoxigenic B. fragilis (NTBF) can colonize the guts of mice, only ETBF triggers colonic inflammation and tumors. ?These symptoms are associated with increased cellular signaling by interleukin-17 (IL-17). Crucially, blocking signaling mediated by IL-17 or IL-23, a cytokine that amplifies IL-17 responses, prevented ETBF-induced inflammation and tumor formation.

These findings reveal an IL-17-dependent pathway for inflammation-induced cancer by a common intestinal bacterium. This provides new insight into the mechanism of human colon cancer and opens new therapeutic avenues to be explored.

doi: 10.1038/nm.2015

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度