Research press release

ヘビに咬まれた傷の治療

Nature Medicine

Treating snakebite

リンパ管のポンプ作用を妨げる薬剤があれば、ヘビに咬まれた傷の治療に役立つ可能性があるという。リンパ系を通じてヘビ毒が運ばれるのをこの薬を使って遅らせられれば、ヘビに咬まれても治療を受けるための時間にゆとりができるかもしれない。

世界では毎年、ヘビに咬まれたために10万人が死亡し、40万人が体の一部を切断する羽目になっている。多くのヘビ毒には巨大な毒素分子が含まれるが、これらは、咬まれた部位からリンパ管を経由して輸送されないかぎり、血液中には入れない。

D van Heldenたちは、ラットにヘビ毒を注射したときに、心不全の治療に使われる化合物、ニトログリセリンを含んだ軟膏を塗ると、生存期間が50%長くなることを発見した。この軟膏によってラットリンパ系でのヘビ毒の輸送を遅らせることができたので、健康なボランティア被験者に、この軟膏を放射性標識したトレーサーと一緒に塗布したところ、ヒトのリンパ系でも同様にトレーサーの輸送が遅くなることがわかった。これらの知見から、ヒトに致命量のヘビ毒が入った場合にも、この軟膏を使えば生存時間が50%延びて、医学的処置を受けられる可能性が高まるかもしれない。

A drug that interferes with the pumping action of lymphatic vessels could be useful for treating snakebite, reports a study published online this week in Nature Medicine. By delaying transit of the snakebite toxin through the lymphatic system, this drug could give snakebite victims more time to obtain medical care.

Each year, snakebite accounts for an estimated 100,000 deaths and 400,000 amputations worldwide. Many snake venoms contain large toxin molecules that can gain access to the blood only by being transported from the site of the bite through lymphatic vessels.

Dirk van Helden and his colleagues found that when rats were injected with snake venom, their survival time increased by 50% if they received an ointment containing glyceryl trinitrate, which is used for the treatment of heart failure. As the ointment slowed down the transport of the venom in the lymphatic system of the rats, the authors applied this ointment to healthy human volunteers together with a radiolabeled tracer. They found that the tracer’s transport was similarly slowed down within the lymphatic system of people. The authors conclude that using this ointment, survival times in humans receiving a fatal venom dose may also increase by 50%, giving victims more time to obtain medical help.

doi: 10.1038/nm.2382

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度