Research press release

食物摂取とロシグリタゾン

Nature Medicine

A Rosi-colored view of food intake

2型糖尿病の治療薬ロシグリタゾンは、食物摂取量を増加させ、肝臓代謝を改善するが、これらは脳内での作用を介して起こると、2つの研究グループから報告が寄せられている。これらの知見から、ロシグリタゾンの望ましくない作用の一部は脳内での作用によるものの、同時に有益な作用の一部も脳内での作用によることが示唆される。最近では、心血管系への副作用がロシグリタゾンを臨床で使用する際の制約となっているが、このタイプの薬を改良して副作用を避けようとする場合には、今回の知見は重要な手がかりとなる。

R Seeleyたちは、ロシグリタゾンが脳で転写因子PPAR-γを活性化し、食物摂取と体脂肪を増加させることをマウスで明らかにした。

J Olefskyたちは、マウスを遺伝子操作してPPAR-γをノックアウトすると、同じように高脂肪食を与えても、正常マウスに比べて食物摂取と体脂肪が減少することを明らかにした。しかし驚いたことに、ノックアウトマウスは対照の野生型マウスに比べて高脂肪食による体重増加が少なかったにもかかわらず、肝臓のインスリン感受性は対照群よりも悪かった。また、体脂肪の増加はロシグリタゾンを投与した患者によく見られることだが、ノックアウトマウスでは体脂肪の増加が抑えられたものの、インスリン感受性を高めるというロシグリタゾンの有効性が低下することもわかった。

Rosiglitazone, a type 2 diabetes drug, increases food intake and improves liver metabolism through its actions in the brain, according to two reports published this week in Nature Medicine. These results suggest that while some of the negative effects of rosiglitazone are due to its action in the brain, so are some of its positive effects. These are important insights if this class of drug is to be reformulated to avoid the cardiovascular side-effects that recently resulted in rosiglitazone’s restricted use in the clinic.

Randy Seeley and his colleagues show that in mice the drug rosiglitazone activates a transcription factor, PPAR-gamma, in the brain to increase food intake and fat mass.

In the second report, Jerrold Olefsky and his colleagues find that genetically knocking out PPAR-gamma in mice results in reduced food intake and fat mass, compared to normal mice when both are fed a high-fat diet. Surprisingly, however, even though the knockout mice gain less weight on a high fat diet, their insulin sensitivity in the liver is worse than wild-type controls. Likewise, the authors also find that the increase in body fat that is often seen in people taking rosiglitazone is blunted in the knockout mice, but so are the insulin-sensitizing effects of the drug.

doi: 10.1038/nm.2332

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度