Research press release

ヒトADHDに結びつく遺伝子

Nature Medicine

Gene linked to human ADHD

脳のタンパク質GIT1をコードする遺伝子の特殊な型がヒトの注意欠陥多動性障害(ADHD)に関連するとの報告が寄せられている。

ADHDは多動性と学習、記憶障害を特徴とし、子どもと成人、両方に見られる。 E Kimたちは、GIT1遺伝子の多型(遺伝子の型)の1つがヒトADHDのリスクを増加させることを発見した。おそらくは、GIT1タンパク質の発現量を低下させるためだろう。GIT1欠失マウスはADHDに似た行動を示すが、この症状は、ヒトのADHDの治療に用いられる精神刺激薬によって緩和される。また、このマウスは抑制性神経伝達にも異常がある。この異常が、GIT1のADHDに関連する多型をもつ個体に見られる行動異常を引き起こす機構の1つである可能性が示唆される。

A specific version of a gene that encodes the protein GIT1 in the brain is linked to attention deficit hyperactivity disorder (ADHD) in humans, reports a paper online this week in Nature Medicine.

ADHD is characterized by hyperactivity and deficits in learning and memory, affecting both children and adults.

Eunjoon Kim and colleagues find that one GIT1 polymorphism ― version of the gene ― increases the risk for ADHD in humans, probably by reducing the expression of the GIT1 protein. GIT1-deficient mice exhibited ADHD-like behaviors, which were alleviated with psychostimulant drugs used to treat human ADHD. The mice also showed deficits in inhibitory neurotransmission, suggesting that this could be one mechanism by which behavioral deficits are observed in ADHD individuals with the disease-linked GIT1 polymorphism.

doi: 10.1038/nm2330

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度