Research press release

膵臓がんのサブタイプを識別

Nature Medicine

Distinguishing pancreatic cancer subtypes

遺伝子シグネチャーを手がかりにして、膵臓がんの型の違いが決定できる可能性があるという。がんのサブタイプを示すこの遺伝子シグネチャーが、治療の効果を最大限にできるよう、特定の患者に特定の薬を使うのに役立つかもしれない。

膵管腺がん(PDA)は致命的ながんで、通常の全生存期間は診断後6か月である。他のがんに効果のある薬を使って多数の臨床試験が行われているが、任意抽出したPDA患者集団には効果は見られていない。ただし、一部の患者では確かに効果が見られることがある。他のがんでの研究によって、薬に対する反応性の違いは、がんの分子レベルの多様性が一因であることがわかっており、選択的に効果がある薬をがんのサブタイプに合わせて使うことにより、治療の成果を改善できることが明らかになっている。その最もよい例は、乳がんや肺がんの場合である。

PDAの分子レベルのサブタイプ同定は、これまで研究用の腫瘍標本が不足しているために限界があった。J Grayたちはこの問題を克服するため、いくつかの研究による原発性PDAサンプルと、ヒト、マウスのPDA細胞株とを併せて、遺伝子発現プロフィールの解析を行った。Grayたちはこの解析に基づいてPDAの3種類のサブタイプを定義し、臨床転帰と治療効果に違いがあることを証明した。

これらのサブタイプを特徴づける遺伝子シグネチャーは、個々のサブタイプを標的にした新しい薬剤の臨床試験設計に役立つ可能性がある。

Gene signatures can help define different types of pancreatic tumours reports research published online this week in Nature Medicine. The gene signatures that characterize these subtypes of tumours may be useful in treating specific patients with specific drugs to maximize their responses.

Pancreatic ductal adenocarcinoma (PDA) is a deadly form of cancer; overall survival is typically 6 months from diagnosis. Numerous clinical trials of agents effective in other cancers have failed to benefit unselected PDA patient populations, although some patients do occasionally respond. Studies in other tumours have shown that variability in response is determined in part by molecular differences between tumours and that treatment outcomes improve by targeting drugs to tumour subtypes in which they are selectively effective ― breast and lung cancers provide some of the best examples.

Identification of PDA molecular subtypes has previously been limited by a lack of tumor specimens available for study. Joe Gray and his colleagues overcame this problem by combining analysis of gene-expression profiles of primary PDA samples from several studies, along with human and mouse PDA cell lines. On the basis of this analysis, the authors defined three PDA subtypes and showed evidence for differences in clinical outcome and therapeutic response among them.

The gene signatures that characterize these subtypes may be useful for the design of clinical trials of new drugs targeted to individual tumor subtypes.

doi: 10.1038/nm.2344

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度