Research press release

がん細胞との闘いに光明

Nature Medicine

Cancer cells see the light

腫瘍細胞を選択的に殺す方法(光免疫療法)の報告が寄せられている。 現代のがん治療の主流は、外科手術、放射線照射、化学療法だが、特定分子に狙いを定めた標的療法が開発され、ある程度成功をおさめている。 H Kobayashiたちによって、がんの標的療法の装備に新たな武器、光免疫療法が加わった。この方法で利用するのは、近赤外光に反応する分子に結合させた抗腫瘍抗体である。腫瘍のあるマウスに近赤外光を当てると、がん細胞が選択的に死ぬことが判明した。 これまでに、光を利用した治療法は他にも開発されているが、Kobayashiたちは大きな違いに気付いた。この修飾抗体は、標的細胞に結合しない限りは毒性を示さないのである。この新技術が臨床に利用できるとするなら、この特性が非常に重要かもしれない。

A method for selectively killing tumor cells — photoimmunotherapy — is reported in a study published online this week in Nature Medicine.

Surgery, radiation and chemotherapy are the mainstay of modern cancer therapy, but more targeted therapies aimed at specific molecules have been developed with some success.

Hisataka Kobayashi and his colleagues add photoimmunotherapy as a new weapon to the arsenal of targeted cancer therapy. This method uses anti-tumor antibodies coupled to a molecule that responds to near-infrared light. The authors found that when they shone near-infrared light on mice with tumors, the cancer cells selectively died.

Although other light-based therapies have been previously developed, Kobayashi and colleagues found one important difference — the modified antibody was not toxic unless it was attached to its target cells. This property may be critical if this technology is to have clinical potential.

doi: 10.1038/nm.2554

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度