Research press release

結核を検出

Nature Medicine

Detecting TB

結核菌Mycobacterium tuberculosisMtb)の潜伏感染と顕性感染とを迅速に鑑別できる、新しい検査法の報告が寄せられている。この方法を使えば、活動性の結核感染患者をよりタイミングよく診断し、治療できる可能性がある。

現在のMtb検出法は時間がかかり、正確な診断には数週間かかることもある。G Pantaleoたちは、多色フローサイトメトリー(5色以上の蛍光色素で標識した細胞を検出する技術)を利用すれば、Mtb特異的CD4+ T細胞応答のプロフィールに着目して、活動性の結核と潜伏感染とを鑑別できることを明らかにした。潜伏感染患者では、多機能性Mtb特異的CD4+ T細胞応答が見られたが、活動性の結核患者ではおもに単機能性T細胞応答が見られた。

Pantaleoたちは、感染の状態の推定に使えるカットオフ値を割り出した。単機能性のプロフィールを示すT細胞が38.8%を超える患者は活動性の結核と推定され、それが38.8%未満の患者は潜伏感染と考えられる。

An assay that can rapidly distinguish latent infection from active disease with Mycobacterium tuberculosis (Mtb) bacteria is reported this week in Nature Medicine. This new method could enable more timely clinical diagnosis and treatment of infected individuals with active tuberculosis disease.

Present assays for Mtb are time-consuming, and a correct diagnosis can take weeks. Giuseppe Pantaleo and colleagues show that using polychromatic flow cytometry — which is a technique for detecting cells labeled with five or more fluorochromes — latent infection can be distinguished from active disease in individuals based on the profile of their Mtb-specific CD4+ T immune cell responses. Individuals with latent disease show polyfunctional Mtb-specific CD4+ T cell responses, whereas individuals with active disease have largely monofunctional T cell responses.

The authors identify a cut-off value that can be used to predict infection status: individuals with more than 38.8% of T cells that are monofunctional are predicted to have active disease, whereas individuals with less than 38.8% of T cells showing a monofunctional profile are predicted to have latent disease.

doi: 10.1038/nm.2299

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度