Research press release

腫瘍をBRCA欠損にする

Nature Medicine

Making tumors BRCAless

DNA修復過程に焦点を絞って、幅広いがんを治療する方法が考案された。これによって、DNA修復にかかわるタンパク質PARPの阻害薬の適用範囲が広がり、現在主に利用されているBRCA遺伝子の変異が原因のがんのほかに、幅広いがんの治療に使えるかもしれない。

BRCA遺伝子の変異は、がんを促進するだけでなく、がん細胞のDNA維持、修復能力をも低下させる。例えば、PARPのような他の必須成分を標的とすることによって、このDNA維持、修復過程をさらに阻害すれば、がん細胞を選択的に殺すことができる。しかし、この方法は、BRCA遺伝子が変異したがんにしか適用できない。

G Shapiroたちは、BRCA遺伝子の活性を調節する酵素を同時に阻害すれば、BRCA変異のないがん細胞であってもPARP阻害剤治療に対して感受性になることを明らかにした。この二重阻害法なら、BRCAの変異の有無にかかわらず、幅広くがんの治療に利用できる可能性がある。

A strategy to treat a broad range of cancers by focusing on the DNA repair process is published online this week in Nature Medicine. These findings could potentially expand the therapeutic range of inhibitors of PARP, a protein involved with DNA repair, which is currently used primarily to treat tumors resulting from BRCA gene mutations, to a broader range of cancers.

While promoting cancer, BRCA genetic alterations also debilitate the cancer cell’s ability to upkeep and repair its DNA. By further hampering this process, through targeting other essential components, such as PARP, selective killing of tumor cells can be achieved. However, this strategy can only be applied to BRCA mutation tumors.

Geoffrey Shapiro and colleagues show that simultaneous inhibition of an enzyme that regulates BRCA activity can make cancer cells without BRCA mutations sensitive to PARP inhibitor treatment. This dual inhibitor strategy could be generally applied to treating cancers regardless their BRCA mutational status.

doi: 10.1038/nm.2377

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度