Research press release

細菌と戦うカタパルト(射出機)

Nature Medicine

An antibacterial catapult

カタパルトのように、ミトコンドリアDNAを射出することによって細菌と戦う免疫細胞が発見された。

好酸球は感染との戦いを助ける白血球だが、免疫系におけるその正確な機能はわかっていなかった。H-U Simonたちは、細菌が好酸球を活性化すると、好酸球の死とは無関係にミトコンドリアDNAが放出されることを明らかにした。このDNA放出過程は、カタパルトのように迅速で、わずか1秒足らずで起こる。このミトコンドリアDNAが細胞外空間でタンパク質と結合して細胞外構造を形成し、これが細菌をとらえて殺すことが、試験管内でも、生体内の炎症条件下でも明らかになった。

今回の結果は、これまで知られていなかった好酸球を介した免疫応答機構があることを示しており、細菌が自由に侵入できないよう宿主を守るためには、この機構が不可欠なのかもしれない。

Scientists have discovered an immune cell that fights bacteria by throwing mitochondrial DNA in a catapult-like manner, shows a study published this week in Nature Medicine.

Eosinophils are white blood cells that help fight infections, but their exact function in immunity remains unclear. Hans-Uwe Simon and colleagues now show that bacteria can activate eosinophils to release mitochondrial DNA, independently of eosinophil death. Notably, the process of DNA release occurs rapidly in a catapult-like manner?in less than one second. In the extracellular space, the mitochondrial DNA binds proteins to form extracellular structures that trap and kill bacteria both in vitro and, under inflammatory conditions, in vivo.

These results reveal a previously undescribed mechanism of eosinophil-mediated immune responses that might be crucial for preventing the host from uncontrolled invasion of bacteria.

doi: 10.1038/nm.1855

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度