Research press release

プリオンの超高感度検出

Nature Medicine

Ultrasensitive detection of prions

ヒトのプリオンはクロイツフェルト-ヤコブ病(CJD)を引き起こす病原体だが、これを超高感度で検出する方法の報告が寄せられている。

異常な立体構造をもち病原性を示すプリオンタンパク質(PrPSc)を試験管内で増幅する技術が開発されたことにより、CJDの新しい診断法ができる可能性が出てきた。新 竜一郎(長崎大学)たちが開発したPrPSc検出法はリアルタイムQUIC(RT-QUIC:real-time quaking-induced conversion)法と呼ばれ、CJD患者の脳抽出液中のわずか1フェムトグラム(10-15グラム)のPrPScを短時間で検出できる。

この技術を利用して患者の脳脊髄液サンプル中のプリオンを実際に高感度で特異的に検出できたことが重要で、CJDを疑われる症例の早い段階での検出に、RT-QUIC法が利用できる可能性があることが明確になった。

An ultrasensitive method to detect human prions — the agent that causes Creutzfeldt-Jakob disease (CJD) — is reported in an article published online this week in Nature Medicine.

The development of technologies for the in vitro amplification of the pathogenic conformation of the prion protein — PrPSc — has generated the potential for new diagnostic assay for CJD. Ryuichiro Atarashi and his colleagues developed a PrPSc detection assay, called real-time quaking-induced conversion (RT-QUIC), which allows the fast detection of as little as one femtogram — 10-15 grams — of PrPSc in extracts from brains of people with CJD.

Crucially, the technique allowed the authors to detect prions with high sensitivity and specificity in cerebrospinal fluid samples from patients, highlighting the potential of RT-QUIC for the early detection of suspected CJD cases.

doi: 10.1038/nm.2294

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度