Research press release

うつの治療に新しい標的

Nature Medicine

A new target against depression

2種類の神経伝達物質受容体どうしの直接的な物理的相互作用の阻害が、うつの治療の新しい標的になる可能性があるという。

うつ病患者では、神経伝達物質ドーパミンが変化していることはよく知られている。F Liuたちは、大うつ病患者の脳では2種類のドーパミン受容体(D1とD2)の直接的な結合が著しく増加していると報告している。ラットでの研究により、D1-D2受容体複合体を破壊するペプチドを投与すると、うつ状態に関係するとされる行動が大幅に減少することがわかった。

受容体複合体の形成を阻害しても、D1、D2受容体のドーパミンシグナル伝達機能は必ずしも変化しないので、このタンパク質間相互作用を治療の標的とすれば、ドーパミン受容体の機能を抑制する薬(望ましくない副作用が出ることが多い)よりも優れた薬になる可能性がある。

Blocking a direct physical interaction between two neurotransmitter receptors may be a new target against depression, suggests an article published online this week in Nature Medicine.

The neurotransmitter dopamine is well known to be affected in people with depression. Fang Liu and her colleagues report that the direct interaction between two different types of dopamine receptors — D1 and D2 — is markedly increased in the brain of people who had major depression. Working in rats, they found that administration of a peptide that disrupts the D1-D2 receptor complex substantially reduced behaviours commonly associated with a depressed state.

As blocking the formation of the receptor complex does not necessarily affect the function of the D1 or D2 receptor in transmitting the dopamine signal, therapeutically targeting this protein-protein interaction may be advantageous over drugs that interfere with dopamine-receptor function and often have undesirable side effects.

doi: 10.1038/nm.2263

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度