Research press release

身元詐称

Nature Medicine

Identity theft

今週のNature Medicine(電子版)に掲載される論文によれば、血管内部の細胞が幹細胞に変化する可能性があるという。

幹細胞はいくつかの細胞種を生じうる細胞だが、臨床的に役立つかどうかは、まだ疑問がある。D Mediciたちは、血管の内壁由来の細胞が、幹細胞に似た多能性細胞に変化することができ、その仕組みには、ALK2とよばれるタンパク質の働きが必要であることを明らかにした。ALK2は、進行性骨化性線維異形成症患者で変異がみられる。この病気は体の不適切な部位に骨が形成される病気で、特に怪我の後に起こる。

Mediciたちは、血管由来の細胞に活性型のALK2が存在すると、それらの細胞が幹細胞に似た性質をもつようになることを発見した。この幹細胞様細胞は、骨、軟骨、脂肪細胞に変換することが可能で、再生医療に役立つ可能性がある。

Cells within the blood vessels can be turned into stem cells, according an article published online this week in Nature Medicine.

Stem cells can give rise to several cell types, but their usefulness in clinical medicine is still in question. Damian Medici and his colleagues show that cells from the lining of blood vessels can transform into multipotent stem-like cells by a mechanism dependent on the activity of a molecule termed ALK2. ALK2 is a protein mutated in people with fibrodysplasia ossificans progressiva, a disease in which bone forms in inappropriate parts of the body, particularly after injury.

The team found that the presence of an activated form of ALK2 in cells from the blood vessels led these cells to acquire stem cell–like properties. These stem-like cells could be converted into bone, cartilage or fat cells, highlighting their potential in tissue engineering.

doi: 10.1038/nm.2252

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度