Research press release

抗ジカウイルス薬リード化合物を薬剤スクリーニングによって発見

Nature Medicine

Drug screen identifies leads for Zika virus drug development

ジカウイルスの複製を抑える化合物や、このウイルスに感染した細胞が死ぬのを防止する化合物が見つかった。これらの中には治療薬としてすでに認可されている薬品もいくつか含まれているので、これらの化合物やその標的は、抗ジカウイルス薬の開発や前臨床研究を進める出発点になると考えられる。

ジカウイルスは、デングウイルスやチクングニアウイルスと同様に、一部の感染者でインフルエンザに似た症状を引き起こす。しかしジカウイルス感染は、成長中の胎児では先天性の小頭症、成人ではギラン・バレー症候群を引き起こす恐れもあるところが、デングあるいはチクングニアウイルスの場合とは異なっている。H Song、G Ming、W Zheng、H Tangたちは、米食品医薬品局(FDA)が認可した薬剤や現在臨床試験中の薬剤を含む約6,000種類の化合物のライブラリーをスクリーニングし、2つのタイプの化合物群を見つけだした。1つはジカウイルスに感染した細胞の細胞死を防ぐもの、もう1つは感染細胞中でのジカウイルスの複製を妨げる化合物である。

2つのタイプの化合物はどちらも、ヒトの神経前駆細胞(胎児の大脳皮質の発生に関わる)やアストログリア(星状膠細胞)などの、ジカウイルス感染時の臨床症状に関わりのある数種類の脳細胞と3D脳培養オルガノイドで抗ウイルス活性を示した。また、これらの化合物は、ジカウイルス曝露の前に投与しても、後で投与しても効果があった。しかも、この2種類の化合物を一緒に用いると、個々に投与した場合よりも効果は高くなることも分かった。

 

これらを感染患者、特に妊娠中の女性の治療に用いるにはさらなる研究が必要である。次の段階としては、これらのリード化合物の効果と安全性を成人および胎児でのジカウイルス感染の動物モデルで検証することなどが不可欠だろう。

Compounds that suppress Zika virus replication or that prevent the death of cells infected by the virus are reported in a paper published online in Nature Medicine this week. These compounds - which include some drugs already approved to treat other human conditions - and their targets represent a starting point for anti-Zika drug development and preclinical studies.

Similarly to dengue virus and chikungunya virus, Zika virus can cause flu-like symptoms in some individuals. Unlike dengue virus and chikungunya virus, Zika virus infection can also result in the congenital defect microcephaly in developing fetuses, and in Guillain-Barre disease in adults. Hongjun Song, Guo-li Ming, Wei Zheng, Hengli Tang and colleagues screened a library of approximately 6,000 compounds that included US Food and Drug Administration (FDA)-approved drugs and experimental therapies currently in clinical trials, and identified two classes of compounds: one inhibits the death of cells infected by Zika virus and the other blocks Zika virus replication in infected cells.

The two classes of compounds identified showed activity in several relevant types of brain cells - including human neural progenitor cells (which contribute to the development of the brain cortex in the fetus) and astrocytes - and in 3D brain organoid cultures. The compounds also worked when given either before or after exposure to Zika virus. Finally, the two classes of compounds showed even greater benefits when used together than when given individually.

Further research is needed before these compounds can be considered for human treatment, especially of pregnant women. Essential next steps include testing the efficacy and safety of these lead compounds in animal models of adult and fetal Zika virus infection.

**This study is part of a group of papers that is free to access until further notice, per an agreement among publishers and research funders to ensure that the global response to public health emergencies is informed by the best available research evidence and data. A dedicated hub hosting all Springer Nature Zika content can be found here.**

doi: 10.1038/nm.4184

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度