Research press release

骨粗しょう症に新しい治療法の可能性

Nature Medicine

A potential new treatment for osteoporosis

セロトニン合成の阻害が、骨粗しょう症の治療になる可能性があるらしい。

骨粗しょう症は骨量が少なくなる病気で、多くの場合、骨喪失の亢進と骨形成の不足によって起こる。セロトニンは脳の神経伝達物質という役割が最もよく知られているが、腸でも生産され、骨形成を阻害する。

G Karsentyたちは、セロトニン生合成を阻害すると骨形成が増加して骨粗しょう症が治癒するかどうかを検証した。まず、セロトニン生合成のカギとなる酵素トリプトファンヒドロキシラーゼの阻害剤を開発し、これを骨粗しょう症のマウスとラットに1日1回、最長6週間投与したところ、この化合物は、骨形成を増加させることにより骨粗しょう症を防ぎ、改善させた。

現在の骨粗しょう症の治療法は、副甲状腺ホルモンを毎日注射することで、骨形成を促進する効果がある。今回の研究により、セロトニン合成阻害剤が次世代の骨粗しょう症治療薬になる可能性が明らかになった。

Blocking the synthesis of serotonin could treat osteoporosis, according to a report published this week in Nature Medicine.

Osteoporosis is a disease of low bone mass often caused by excessive loss and poor formation of bones. Serotonin is best known for its role as a brain neurotransmitter, but this molecule is also produced by the gut and inhibits bone formation.

Gerard Karsenty and his colleagues tested whether blocking serotonin biosynthesis could treat osteoporosis by increasing bone formation. The researchers developed an inhibitor of tryptophan hydroxylase, a key enzyme in serotonin biosynthesis, and administered it once daily for up to six weeks to mice and rats with osteoporosis. They found that their compound both prevented and treated osteoporosis through an increase in bone formation.

The current treatment for osteoporosis, which acts by promoting bone formation, is the daily injection of parathyroid hormone. The results of this study highlight the potential of serotonin-synthesis blockers as a new generation of drugs to fight osteoporosis.

doi: 10.1038/nm.2098

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度