Research press release

室内掃除

Nature Medicine

Cleaning up the house

細胞の品質管理機構の活性化によって、加齢に伴う機能低下を防げる可能性があるという。

シャペロンを介した自食作用(CMA)は、消化酵素を含む細胞小器官リソソームでタンパク質を分解する機構である。CMAは細胞の品質管理機構の1つとして、損傷を受けたタンパク質の除去を行うが、年齢とともにこの働きが低下する。細胞内の清掃が行き届かなくなることが、加齢による変化の一因だと言われている。

C ZhangとA M Cuervoは、老齢マウスの肝臓でCMAの欠陥を修復し、肝臓の機能を改善した。まず、CMAに不可欠なリソソーム分子の量を調節するためにマウスの遺伝子操作を行い、高齢になるまでCMA活性を維持したところ、細胞内での損傷タンパク質の蓄積が抑えられ、肝臓の機能が改善されたという。

他の臓器でも加齢にCMAがかかわっているかは、これから調べる必要があるが、今回の結果が示すように、CMAの調節は加齢にともなう機能低下を抑える方法として有効かもしれない。

Boosting the activity of a cellular quality-control mechanism may prevent the functional decay associated with ageing, according to a study published online this week in Nature Medicine.

Chaperone-mediated autophagy (CMA) is a mechanism for protein degradation in lysosomes ? units within the cell that contain digestive enzymes. CMA contributes to the removal of damaged proteins as part of a cell’s quality-control system and declines as an organism ages. This failure in cellular clearance has been proposed to contribute to the ageing process.

Cong Zhang and Ana Maria Cuervo corrected the CMA defect in the liver of old mice, improving its function. They genetically modified mice in order to regulate the amount of a lysosomal molecule crucial for CMA. By maintaining CMA activity until advanced ages, they observed reduced intracellular accumulation of damaged proteins and improved liver function.

The relevance of this mechanism to ageing in other organs remains to be tested, but these results indicate that modulation of CMA might be effective in countering aspects of the functional decline observed in old age.

doi: 10.1038/nm.1851

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度