Research press release

齧歯類で見られた糖尿病の持続的寛解

Nature Medicine

Durable diabetes remission in rodents

血糖値の調節に関わる脳内回路を標的とすると考えられているホルモンの1つを1回注射するだけで、マウスとラットで糖尿病の持続的寛解が起こることが報告された。ただし単回投与で効果が見られるのは軽症型糖尿病の齧歯類だけで、その詳しい作用機序もまだ分かっていない。だが、使われたホルモンはヒトの脳にも天然に存在するものなので、この知見は臨床での糖尿病治療に応用できるかもしれない。

2型糖尿病の特徴は血糖値の病的な上昇である。以前に行われた研究で、さまざまな生物学的過程に関わっているホルモンの繊維芽細胞増殖因子1(FGF1)を末梢血液系中に注射すると、強い抗糖尿病作用が見られることがマウスで明らかになっている。しかし、こうした効果を得るには高用量投与と注射の反復が必要で、しかもこの方法では寛解が持続しなかった。

M Schwartzたちは今回、2型糖尿病のマウスやラットの脳にFGF1を単回注射するだけで、少なくともその後4か月間、血糖値が正常化することを見いだした。この抗糖尿病作用は食物摂取や体重の持続的変化とは無関係に生じたことから、血糖値の改善は体重減少によるものではないと考えられる。このホルモン投与は、マウスの食餌性肥満モデル、遺伝性肥満モデルのどちらにも、またラットの遺伝性2型糖尿病モデルにも効果があった。

これらの結果は、脳が血糖に関する全身的なシグナル伝達に強く影響することを示唆している。ただ、著者たちはFGF1注射は脳の構造変化につながる可能性があると述べており、この問題は今後の研究で明らかにしなくてはいけない。

A single injection of a hormone that may target brain circuits involved in regulating blood glucose levels leads to sustained diabetes remission in mice and rats, according to a paper published online this week in Nature Medicine. Although the one-time treatment was successful only in rodents with mild forms of diabetes, and its exact mechanism is unknown, it involves a hormone that occurs naturally in the human brain, suggesting that the findings could potentially be translated into a treatment for diabetes in the clinic.

Type 2 diabetes is marked by pathologically elevated levels of blood glucose. Earlier research has shown that injection of fibroblast growth factor 1 (FGF1), a hormone involved in numerous biological processes, into the peripheral blood system has strong antidiabetic effects in mice. However, a potent dose and repeated injections were required to achieve these effects, and this method did not achieve durable remission.

Michael Schwartz and colleagues found that a single injection of FGF1 into the brains of mice or rats with type 2 diabetes normalized the animals’ blood glucose levels for at least the next four months. This antidiabetic effect occurred independently of a persistent change in food intake or body weight, which indicates that the improvement in blood sugar levels was independent of weight loss. The treatment worked in both dietary and genetic models of obesity in mice and in a genetic model of type 2 diabetes in rats.

These results suggest that the brain can strongly influence blood glucose signaling throughout the body. The authors note, however, that injection of FGF1 may lead to structural changes in the brain that need to be explored in future studies.

doi: 10.1038/nm.4101

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度