Research press release

転移を画像化

Nature Medicine

Visualizing metastasis

特異的なレーザー走査法を用いることにより、がんの脳転移が画像化できるとの報告が寄せられている。

がんの患者では脳転移が起こることが多く、命にかかわることも多い。F Winklerたちは、多光子レーザー走査顕微鏡法とよばれる技術を利用して、転移の成立の各段階をリアルタイムで観察した。そして、転移中の個々のがん細胞がマウスの脳の深部にある血管とかかわるようすを、数分から数か月にわたって追跡することに成功した。

一連の重要な段階が明らかになった。血管の分岐点にがん細胞が停止し、血管から外に出るが、細胞と毛細血管の間の接触は持続し、最終的に血管の周囲に転移巣が成長する。

脳転移の成立を生きた脳内で画像化できることで、転移の発生を解明する新たな手がかりが得られ、また治療への反応の測定も可能になるだろう。

Using a specific laser scanning method, the establishment of metastasis during cancer can be visualized in the brain, reports in this week's Nature Medicine.

Brain metastasis commonly occurs in patients with cancer and is often fatal. Frank Winkler and colleagues have now used a technique known as multiphoton laser scanning microscopy to see the single steps of metastasis formation in real time. They were able to track the fate of individual metastasizing cancer cells in relation to blood vessels deep in the mouse brain over minutes to months.

The scientists established a series of essential steps ― arrest of the cancer cells at blood-vessel branching points, exit from the blood vessel, persistent contacts between the cell and capillaries and, finally, growth of the metastasis around the blood vessel.

The ability to visualize the establishment of brain metastases inside the living brain will provide new insights into their development and will enable scientists to measure response to therapies.

doi: 10.1038/nm.2072

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度