Research press release

血液のがんの薬が、エリテマトーデスにも効く可能性

Nature Medicine

A drug against blood cancer may also fight lupus

多発性骨髄腫という白血球のがんの治療に使われる薬が、慢性自己免疫性疾患であるエリテマトーデスの治療にも有効かもしれない。この知見は、抗体がかかわる他の病気の治療法に結びつく可能性がある。

重症筋無力症や全身性エリテマトーデスのような病気は自己抗体が原因で起こるが、これを作るのは寿命の長い免疫細胞で、タンパク質生産を非常に盛んに行っている。骨髄細胞はプロテアソーム阻害剤による治療に反応し、その感受性はタンパク質合成の速度と相関していることから、R Vollたちは、エリテマトーデスに似た病気のマウスでも、これらの阻害剤が自己抗体産生細胞に対して同様な作用を示すだろうと考えた。

Vollたちは「エリテマトーデス」の症状を示す2系統のマウスを用いて、多発性骨髄腫の治療薬として認可されているプロテアソーム阻害剤ボルテゾミブが、自己抗体の生産を阻害し、マウスの生存期間を延ばすことを明らかにした。つまり、プロテアソーム阻害剤による自己反応性プラズマ細胞の除去が、抗体のかかわる病気の新しい治療法になる可能性がある。

A drug used to treat multiple myeloma, a cancer of the white blood cells, could also be useful for the treatment of the chronic autoimmune disease lupus erythematosus. A study published this online week in Nature Medicine suggests that this may lead to new treatment strategies for other antibody-mediated diseases.

Diseases like myasthenia gravis and systemic lupus are caused by autoantibodies produced by long-lived immune cells that show very high rates of protein generation. As myeloma cells respond to treatment with proteasome inhibitors, and their sensitivity correlates with their rates of protein synthesis, Reinhard Voll and his colleagues suggest that, in mice with lupus-like disease, those inhibitors would have a similar effect on the autoantibody-producing cells.

Using two mouse strains with ‘lupus’ they show that the proteasome inhibitor bortezomib ? a drug approved for the treatment of multiple myeloma ? blocks autoantibody production and prolongs survival of the mice. So, the elimination of autoreactive plasma cells by proteasome inhibitors might represent a new treatment strategy for antibody-associated diseases.

doi: 10.1038/nm1763

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度