目次

Volume 7 Number 92010年9月号

音楽教育が、脳の認知機能を向上させる

ノースウェスタン大学の研究者が、「音楽教育は、認知機能を広く向上させる方向に脳を変化させる」と発表した。音楽教育は、単に脳の聴覚系を変化させるだけでなく、記憶力、協調性、注意力など、一般的な脳機能も高めてくれるわけだ。ただし、心を豊かにし、社会性や人間性をはぐくむ、音楽教育の本来の意義を忘れてはいけない、と研究者は指摘している。

目次

Editorials

 一貫性に欠ける教育への価値観

大学に所属する科学者は、教育と研究に同程度の価値を見いだしている。しかし、大学側はそうではないようだ。

 生物多様性に関する国際的枠組み

生物多様性の問題に関しても、独立した国際的な科学委員会を設立すべきである。これによって、緊急性の高いテーマに関する研究活動を調整し、研究内容を社会に紹介する役割を果たせるだろう。

News in Japan

 世界最高の蓄電ナノ材料を開発

東京農工大学大学院の直井勝彦教授の研究グループは、リン酸鉄リチウムを使って特殊なナノ構造を構成し、高出力のリチウムイオン電池用正極材料の開発に成功した。放電容量は世界最高の131ミリアンペア時/グラム(1分放電)で、従来のマサチューセッツ工科大学グループの結果1を3割以上も上回る。この成果は、国際電気自動車シンポジウムAABC2010と国際キャパシタ会議ICAC2010で発表された。

News Features

 業績評価は採用・昇進に影響するか?

発表論文数、獲得助成金額といった定量的業績評価は、本当に、研究者の採用や昇進の際の判断基準となっているのだろうか。少なくとも応募する側の研究者はそう信じている。Nature は、独自のアンケート調査とインタビューを通じて、実際にどの程度利用されているかを探った。

 深海 ― 死と再生のハーモニー

海底火山の噴火は、そこに暮らす生命に壊滅的なダメージを与える。だが、時としてその「死の世界」は、新しい生命を生み出す「再生」の舞台となる。

 創立350周年を迎えた英国学士院

世界の国立科学アカデミーの祖である英国学士院は、2010年に設立350周年を迎え、6月下旬から10日間にわたって大規模な祭典を開催した。各国のエリート学術団体と同じく、英国学士院も、その存在意義と影響力を維持するために、さまざまな努力を重ねている。

Japanese Author

 野生植物が複雑な季節変化を 感じ取る仕組み (工藤洋)

植物は、温度や日長の変化を感知して、ほぼ決まった季節に花を咲かせる。ただし、自然の気温変化はあいまいで、春なのに真冬日に逆戻りといったこともしばしば起きる。植物はこうした「季節の誤差」をどのようにとらえ、どのように処理しているのか。工藤洋博士らによって、そのメカニズムの一端が解明された。

News & Views

 もう1 つのヒトゲノム

ヒトのマイクロバイオーム(microbiome) を解析するための基礎的研究として、「人体に常在する微生物全体の集合ゲノム」の塩基配列解読が行われた。この研究は、ヒトの健康と疾患の両方を理解するのに重要だ。

 超新星は2つの顔をもつ

星の死に方は、これまで考えられていたよりも種類が少ないことがわかった。以前は異なるタイプと考えられていた2種類の超新星は、新たな観測データと既存の観測データの分析から、実際には1つのいびつなコインの裏表だったことがわかった。

Nature Highlights

 ハイライト

News

 アフリカ西部で最古の多細胞生物発見

21億年前の大型化石は多細胞生物への進化過程を示しているのか。

 HIV-1株の90%以上に効く抗体

エイズの主要な原因ウイルスであるHIV-1には数多くの種類の株があるが、その90%以上を無力化する広域中和抗体が見つかった。

 音楽の効能

音楽が認知機能を向上させるという研究結果が報告された。これは、音楽教育の重要性を訴える確かな根拠となる。だが、それは音楽の効能のすべてではない。

 氷河後退–原因は人間だけではない

アルプスの氷河の後退には、人為的な地球温暖化だけではなく、自然の気候変動も大きく関係している。

 集約農法が気候変動を緩和する

農業の高収率化は、炭素排出量を抑制する。

 米国の学部学生の負担が増大

世界の大学は経済不況によって試練に直面している。米国の公立大学の資金難は、授業料値上げによっても解消されず、学生は、苦境を実感している。

 ドイツ各州も大学予算に大なた

ドイツでは、科学研究を存続させるための連邦政府の努力とは裏腹に、一部の州政府が大学予算の削減に動いている。

英語でnature

 有機農法のほうがジャガイモの害虫防除の効果が高い

生態系の機能に関して、生物種の数(種の豊富さ)だけでなく、各生物種の個体数の分布(種組成の均等さ)も重要である理由がみえてきた。

「Journal home」へ戻る

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度