目次

Volume 7 Number 32010年3月号

Editorials

 米国エネルギー省長官スティーブン・チュー博士

ノーベル賞物理学者で米国エネルギー省(DOE)長官のSteven Chu博士が、Natureの「2009年話題の人」に選ばれた。彼は今、問題が山積する米国のエネルギー技術の再構築に向けて強いリーダーシップを発揮しており、マンハッタン計画などを例に出して米国の科学者と技術者を鼓舞している。隠された標的の1つはエネルギー技術先進国日本と思われ、DOEおよびChu長官の動向には目が離せない。

 科学へのさまざまな貢献に対して正当な評価を!

現在提案されている「著者識別システム」は、発表論文数や被引用回数という縛りから解放された、新しい学術評価制度の基盤となる可能性がある。日本でも、論文の数を優先する評価システムがさまざまな弊害をもたらしており、この新しい試みは検討に値すると思われる。

News

 とっておき年間画像特集

Natureを1年分振り返ってみると、いろいろな科学ニュース、研究発表があったことに改めて気づかされます。そんな中から、ちょっとおもしろい画像をえりすぐってみました。宇宙ステーションから運よく撮影された火山噴火、地球上から永遠に姿を消してしまうかもしれない最小サイズのカエル、太陽の前を通過する人類の「宇宙前哨基地」などなど…。どれもなかなかの秀逸作品です。さあ、真っ暗な深海から、数千光年離れた銀河系の中心まで、ちょっとした旅を楽しみませんか。

 戦争は予測可能か

反政府勢力による攻撃のタイミングとその犠牲者には普遍的なパターンがある、という研究成果が発表された。

News Features

 電力エネルギーの貯蔵問題

再生可能エネルギーの普及は、大規模な電力エネルギー貯蔵が可能にならないかぎり、期待できない。そこで、カギを握る5つのエネルギー貯蔵技術について検証してみた。

 汚い環境で育った子ブタは病気に強い

汚れた子ブタは、のちのち強力な免疫系を作り上げていくのに役立つ「有益な」細菌を取り込んでいる、とする研究成果が得られた。きれいすぎないブタのような生活は、健康によいのかもしれない。

Japanese Author

 変動するヒマラヤの氷河・氷河湖を追う (藤田 耕史)

地球温暖化の影響で、ヒマラヤの氷河も後退を続けている。氷河変動の観測では衛星画像や衛星データが有力な手段だが、地上でのフィールド調査もまた、必要不可欠な観測手法だ。地上を歩くことでしかみえてこない科学的真実がある。

News & Views

 地球より少し大きな「水の惑星」の発見

地球のわずか2.7倍の大きさの惑星が発見され、地球に似た世界の探索が大きく前進した。この惑星の質量と大きさは、「水の惑星」ともよばれる「水を大量に含んだ仮説上のスーパーアース(巨大地球型惑星)」の理論的な予測値とほぼ一致している。

 記憶形成を補助するアストロサイト

記憶形成は、ニューロン間の接合部位であるシナプスで起こることが知られている。今回、ニューロンとは別種の脳細胞であるアストロサイトも記憶の確立にかかわっていることがわかった。これは驚くべき成果だ。

 二日酔いをめぐる俗信の検証

どんな酒でも飲みすぎれば二日酔いになるものだが、一般に、バーボンなどの濃い色をした酒は、ウォツカなどの無色の酒に比べて、ひどい二日酔いになりやすいと信じられている。Damaris Rohsenowらは最近、この俗信を実験によって証明した(D.J.Rohsenow et al. Alcoholism Clin. Exp. Res. doi: 10.1111/j.1530-0277.2009.01116.x; 2009)。また、これらのアルコール飲料が引き起こす二日酔いが、集中力の持続とスピードを要する課題の遂行能力を低下させること、そして、課題遂行能力の低下は酒の色ではなく二日酔いの重さと相関していることも明らかにした。

Nature Highlights

 ハイライト

News

 正常型プリオンは神経を保護する

クロイツフェルト・ヤコブ病に関与するタンパク質「プリオン」が、神経系で重要な役割を果たしていることがわかった。

 ゴキブリロボットはカオスから秩序を作り出す

カオス理論を応用して、複雑な地形変化に素早く対応する自律歩行ロボットができた。

Opinion

 2020年 科学の旅 (前編)

これから10年間、科学はどう展開していくのだろうか。今月号と来月号の2回に分けて、最先端の研究者と政策立案者からの展望を紹介する。go.nature.com/htW8uMにアクセスし、読者諸氏の反応や見方をお寄せいただきたい。

英語でnature

 感染細胞に跳ね返されることで 広がっていくウイルス

ワクシニアウイルスは、ピンポン玉のように細胞間を跳ね回ることで、より速く他の細胞に広がっていく。

「Journal home」へ戻る

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度