目次

Volume 7 Number 112010年11月号

乳がんの原因タンパク質がついに単離

約15年間におよぶ努力の結果、乳がん感受性タンパク質BRCA2が、ついに単離・精製された。この物質をコードする遺伝子に異常があると、乳がんや卵巣がんなどが発生する確率が高まること、また、このタンパク質がDNA鎖の損傷を修復することなどが、すでにわかっている。今回の成果によって、抗がん剤の研究などが飛躍的に進むと期待されている。

目次

Editorials

 米国の天文分野の「十年調査」に学べ

米国の天文学研究の重点課題リスト最新版には、他の科学分野にとっても貴重な教訓が数多く含まれている。

 不正行為による巻き添え被害

ハーバード大学の進化生物学・心理学の著名教授による科学的不正行為が衝撃を与えている。大学による調査概要は出たが、不正行為に無関係と思われる研究室員などへの影響は深刻だ。

News in Japan

 細胞内オートファゴソームの起源を解明

長浜バイオ大学の山本章嗣教授らの研究グループは、電子線トモグラフィーを使ってマウス細胞の内部構造を三次元で解析し、小胞体が「オートファゴソーム」の起源であることを明らかにした。オートファゴソームとは、細胞の自己分解作用(オートファジー)において、細胞内の不要物を包み込む膜構造のことで、この膜がどこからできるのかは長い間の謎だった。この成果は、2009年12月のNature Cell Biologyに掲載された。

News Features

 いつでも犬は最良のパートナー

犬は、旧石器時代から飼われている我々の古くからの友だちである。最近、ヒト神経精神疾患に関与する遺伝子スクリーニングが目的で、イヌに注目が集まっている。人間は犬と新しい相互関係を作るのだろうか。

 一般市民の力を活かす新しい科学

タンパク質、宇宙線、天文学、人類考古学などの領域で、一般市民の頭脳を活かすネットワークが実際に機能するようになり、新しい科学の進め方として飛躍のときを迎えている。

 骨が代謝を調節している!?

骨格は、単に体を支える以上の役割を果たしているのかもしれない。骨が代謝を調節する「器官」として浮上しており、骨こつ粗そ鬆しょうしょう症だけでなく糖尿病との関連性もみえてきた。

Japanese Author

 全球凍結と 大酸化イベントをつなぐ証拠 (田近 英一)

地球はこれまでに少なくとも3度、全球が凍結する事態を経験したことがわかってきた。さらに、その全球凍結直後に大気中の酸素が大量に増える出来事(イベント)が起きたことも明らかになり、両者の因果関係に注目が集まっている。田近英一博士らは、2つのイベントをつなぐ具体的証拠を突き止め、生命進化の謎に迫る成果をもたらした。

News & Views

 サモア沖地震はダブル地震だった

2009年9月に発生したサモア沖地震は、性質を異にする2つの大きな地震が、ほとんど同じ時刻に、非常に近い場所で発生するという不思議な地震だったようだ。どちらか一方の地震が他方の地震を誘発したと考えられるが、どちらの地震が、どのような機構で、後続の地震を誘発したのだろうか?

 電子のアト秒スナップショット

アト秒分光法を利用して、クリプトンイオンの電子の動きがリアルタイムで追跡され、原子から取り出された電子と残されたイオンとの間のエンタングルメント(量子もつれ)が調べられた。

Nature Highlights

 ハイライト

News

 超新星1987Aの変化を追う

ハッブル宇宙望遠鏡により、1987年に地球の非常に近くで爆発した超新星の経過がとらえられ、その秘密が明らかに。

 最初に食べられたのはガス

メキシコ湾原油流出事故の際、深海で噴出したエタンやプロパンを細菌がどれくらい「食べた」かが明らかになった。

 断層の観察で地震を予測できるかも

2010年2月のチリ地震では、震源断層の中でひずみが最大になっていた箇所が動いていたことが明らかになった。

 米国のES細胞研究助成 仮差し止め命令、国外にも波及

ES細胞研究への連邦政府助成を差し止める米国連邦地裁の仮処分決定で、国際共同研究が危機に。

 ES細胞研究助成差し止めに一時猶予

米国のES細胞研究助成の差し止め命令に一時猶予が出されたが、研究者は、日々変化する事態に振り回されている。

 自己の幹細胞による治療に FDAが「待った」

患者自身の幹細胞を利用した治療の規制について、米国で訴訟が起こり、治療を行っている医師たちと安全性を危惧する学術研究機関との論戦も過熱している。

 ジェット機で大気の秘密を解明

南極と北極を結ぶマラソンフライトにより大気中の微量ガスのサンプルを採取し、気候モデルを検証する取り組みが進められている。

 アルツハイマー病の成果に異論

アルツハイマー病とクロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)という2つの深刻な脳変性疾患にそれぞれかかわる2種類の重要なタンパク質の間に、意外な結びつきがあることを、Nature2010年2月26日号でStephen Strittmatterらが報告したとき、この分野の研究者たちは皆、たいへんな成果が得られたという評価で一致した。しかし、それから1年も経たずして、対立する結果が2010年8月のNatureの論文などに報告され、それまでの明るい見通しは一転して暗雲に閉ざされてしまった。改めて、アルツハイマー病の進行を食い止める方法を探し出すことの困難さが浮き彫りになっている。

 重力定数の最新測定値が合わない

最新の重力定数の測定により、定数の推奨値は引き下げられ、不確かさも大きくなる見込みだ。

 湖水爆発を回避する闘いは続く

カメルーンのニオス湖に蓄積する二酸化炭素のガス抜き事業は、10年近い時間を経て最終段階に差しかかっている、とプロジェクトの研究者は口をそろえる。しかしアフリカには、今すぐか将来かは別にして、深刻な危険をはらむ湖がさらに2つある。

英語でnature

 彗星衝突説を灰燼に

堆積物の研究から、かつて地球が一時的に寒冷化した原因が彗星の衝突にあるとする学説が否定された。

「Journal home」へ戻る

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度