Advances

巻き貝のインスリン

Nature ダイジェスト Vol. 19 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2022.220919a

イモガイの致死的な毒が救命薬のヒントになる可能性。

キノシタイモ | 拡大する

VW PICS/CONTRIBUTOR/UNIVERSAL IMAGES GROUP/GETTY

海辺で貝殻集めをしている際に生きているイモガイをつかむと、毒牙のような針が刺さる恐れがある。その針には命に関わる上に驚くほど効き目の速い毒がある。だが、この毒が人体の主要なシステムを効率よく乗っ取る仕組みを調べれば、救命薬の手掛かりが得られるかもしれない。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度