News in Focus

欧州最古のヒトDNAが明かす、後期旧石器時代の人類の交雑事情

Nature ダイジェスト Vol. 18 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2021.210702

原文:Nature (2021-04-07) | doi: 10.1038/d41586-021-00916-0 | Oldest DNA from a Homo sapiens reveals surprisingly recent Neanderthal ancestry

Ewen Callaway

欧州最初期の現生人類の複数のゲノム情報から、現生人類とネアンデルタール人の交雑が中東だけでなく欧州でもごく一般的だったことが分かった。

ズラティクン(Zlatý kůň)洞窟で発見された現生人類の女性の頭蓋骨。 | 拡大する

Rosen Spasov, MPI-EVA Leipzig

ブルガリアとチェコ共和国でそれぞれ発見された、約4万5000年前の現生人類の複数個体に関する2つのゲノム研究から、この時代の欧州の現生人類の多くは、家系図をたどると祖先にネアンデルタール人がいたことが明らかになった。ただし、彼ら自身は後の欧州人集団の祖先ではなかったという。これらの知見は、Nature 2021年4月8日号253ページ1と、Nature Ecology & Evolution 2021年6月号820ページ2で報告された。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度