News in Focus

火星の地震から見えてきた地質活動

Nature ダイジェスト Vol. 17 No. 3 | doi : 10.1038/ndigest.2020.200308

原文:Nature (2019-12-13) | doi: 10.1038/d41586-019-03796-7 | ‘Marsquakes’ reveal red planet's hidden geology

Alexandra Witze

NASAの火星探査機インサイトは着陸後すでに300回以上の地震を検出していて、一部については震源を特定することもできた。

火星探査機インサイトに搭載された地震計は、ドーム状の格納容器の中に3台の高感度センサーが入った構造になっている。 | 拡大する

NASA/JPL-CALTECH

火星の地震が猛烈な勢いで多数検出されている。火星の赤道付近に着陸した米航空宇宙局(NASA)のインサイト(InSight)ミッションの探査機は、この場所で1日約2回のペースで地震を検出していて、その検出頻度は増加している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度