News

フィリピンの洞窟で発見された未知のヒト属

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190606

原文:Nature (2019-04-10) | doi: 10.1038/d41586-019-01152-3 | Unknown human relative discovered in Philippine cave

Nic Fleming

ルソン島で見つかった骨片は5万年以上前に存在していた短身種であることが明らかになり、ホモ・ルゾネンシスと命名された。

Détroitらは、フィリピン・カラオ洞窟で発掘された歯と足指の骨を他のヒト族のものと比較検討して新種であることを確認し、ホモ・ルゾネンシスと名付けた1。 | 拡大する

Nature 568, 176–178

新たなヒト族種の骨がフィリピンの洞窟で発掘され、人類の系統樹に新たな枝が加わった。恐らく体が小さかったと考えられるこの新種は、ホモ・ルゾネンシス(Homo luzonensis)と命名された。Nature 2019年4月11日号181ページにて発表された今回の発見1は、古いヒト近縁種が最初にアフリカを離れた時期を巡る議論を再燃させるだろう。また、この人骨の年代は、6万7000年~5万年前と推定され、かつて東南アジア各地に複数種の人類が共存していたことが示唆される。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度