News

霊長類の脳の「ソフトウエア」を調べる

Nature ダイジェスト Vol. 16 No. 4 | doi : 10.1038/ndigest.2019.190414

原文:Nature (2019-01-19) | doi: 10.1038/d41586-019-00198-7 | Pioneering brain study reveals ‘software’ differences between humans and monkeys

Alison Abbott

単一ニューロンを追跡して霊長類の脳活動を調べる先駆的研究で、ヒトとサルの脳の「ソフトウエア」に違いがあることが分かった。

外科的処置中にてんかん患者の単一ニューロンの活動を追跡した。 | 拡大する

BSIP/UIG VIA GETTY

ヒトの脳は「ロバストネス」(ニューロン信号がどれくらい同調しているかを示す尺度)を犠牲にして、情報処理の効率を高めていることが分かった。実験を行った研究者たちは、今回の結果は、ヒトの独特な知性や、ヒトが精神障害にかかりやすい理由についての説明を助けるかもしれないと考えている。この知見はCell 1月24日号に発表さ れた(R. Pryluk et al. Cell http://doi.org/gfthv2; 2019)。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度