News & Views

体内のカロリー燃焼を促進する意外な分子

Nature ダイジェスト Vol. 15 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2018.181136

原文:Nature (2018-07-18) | doi: 10.1038/d41586-018-05619-7 | An unexpected trigger for calorie burning in brown fat

Sheng Hui and Joshua D. Rabinowitz

代謝産物の1つであるコハク酸は、褐色脂肪組織での熱産生過程を活性化し、カロリー燃焼を促進することがマウスで示された。この発見は、ヒトの肥満対策にも有効かもしれない。

脂肪組織の走査電子顕微鏡像。 | 拡大する

STEVE GSCHMEISSNER/SPL/Getty

体重を減らす方法には2通りある。1つは、カロリー摂取量を、体で代謝に使われるエネルギー量よりも少なくすること、もう1つは、運動などを行って、代謝で燃焼されるカロリーを増やすことだ。ダナ・ファーバーがん研究所およびハーバード大学医学系大学院(いずれも米国マサチューセッツ州ボストン)のEvanna L. Millsらはこのほど、栄養素の代謝の過程で生じる分子がカロリー燃焼を誘導するという驚くべき事実を発見し、Nature 8月2日号102ページで発表した1。この代謝産物はコハク酸と呼ばれ、褐色脂肪組織でのエネルギー消費を活性化する。実際に、コハク酸を添加した水をマウスに与えると、体重増加が抑制されることも示された。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度