Editorial

今こそ発言する時

Nature ダイジェスト Vol. 14 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2017.170938

原文:Nature (2017-06-15) | doi: 10.1038/546327b | Harmonize conflicting regulations for genetically engineered plants and animals

米国の遺伝子組み換え植物・動物に対する規制について意見を述べる機会が与えられた。2つの規制当局の結論は現在、真逆であり、研究者諸氏はこの機会を逃してはならない。

拡大する

Alan Hopps/Moment/Getty

去る2017年1月に米国の農務省(USDA)と食品医薬品局(FDA)が、遺伝的に改変された作物と家畜に対する規制のあり方を大幅に見直す改正案を30年ぶりに公示した。これに対しては、安堵を表明する植物科学者がいる一方で、辛辣な意見を述べる動物科学者もいる。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度