News

EUのバイオ燃料政策が変わる

Nature ダイジェスト Vol. 10 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2013.131018

原文:Nature (2013-07-04) | doi: 10.1038/499013a | EU debates U-turn on biofuels policy

Richard Van Noorden

EUは、化石燃料に代わる輸送用燃料として積極的に導入を進めてきた バイオ燃料について、使用を抑制する方向へと舵を切りつつある。

バイオエタノール車は、欧州ではバイオディーゼル車ほど普及していないが、実はこちらの方が環境に優しい。

Credit: FABRICE COFFRINI/AFP/GETTY

温室効果ガスである二酸化炭素の排出量を削減するため、EUはこの10年間、ダイズやサトウキビのような食用作物に由来する輸送用燃料への支援策をとり、150億ユーロ(200億ドル)規模の産業を育ててきた。しかし科学者たちは、5年以上も前から、食用作物に由来するバイオ燃料の多くは、二酸化炭素排出量が化石燃料より多くなってしまう可能性を指摘してきた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度