最新Research

Nature Food に掲載された一次研究論文(Articles および Letters)について、その概要を日本語で紹介しています。

Perspective: 農業生態系と育種の見直しによってバナナの立ち枯れ病を防除する戦略

Strategies to revise agrosystems and breeding to control Fusarium wilt of banana

doi:10.1038/s43016-020-00155-y

立ち枯れ病は、バナナに感染する最も破壊的で対処しにくい真菌病で、現在世界的な脅威となっている。本稿では、農業生態系の見直しや精密育種など、バナナの立ち枯れ病を管理するための相補的戦略を提案する。

Article: 低、中所得国での青少年の農業技能訓練プログラムによる雇用結果に関する総説

A systematic review of employment outcomes from youth skills training programmes in agriculture in low- and middle-income countries

doi:10.1038/s43016-020-00172-x

低、中所得国では、農業における青少年の雇用が社会的、経済的機会を提供し、食料安全保障を支えている。農業技能訓練は青少年の雇用にとって重要だが、雇用結果に対するこれらのプログラムの効果については評価が十分に行われていない。

Article: 小規模農業に対する農民団体の寄与に関するスコーピングレビュー

A scoping review of the contributions of farmers’ organizations to smallholder agriculture

doi:10.1038/s43016-020-00164-x

協会や協同組合、女性団体などの農民団体は、小規模農家にとって有益だと一般的に考えられているが、これらの団体の幅広い影響に関してはさらなる証拠が必要である。今回のスコーピングレビューではアフリカ・サブサハラ地域とインドに注目し、239件の研究の知見を利用して生産や収入、地位向上、食料安全保障、環境に対する農業団体の寄与を明らかにした。

Article: インドは栄養安全保障を達成し、健康リスクを低減し、環境の持続可能性を向上させることができる天然資源を有している

India has natural resource capacity to achieve nutrition security, reduce health risks and improve environmental sustainability

doi:10.1038/s43016-020-00157-w

今回、統合地域環境・栄養最適化アプローチから、インドは現在の生産パターンと消費パターンから移行することで、国の食料自給目標を達成すると同時に、地域の耕作地利用や水需要、GHG排出量を削減できることが示された。

Article: 養殖生産システムの方向転換はバングラデシュの環境に与える影響を削減し栄養安全保障を改善することができる

Reorientation of aquaculture production systems can reduce environmental impacts and improve nutrition security in Bangladesh

doi:10.1038/s43016-020-00156-x

今回、環境に与える影響を最小限に抑えながら微量栄養素の供給を最適化するため、バングラデシュの養殖生産システムを設計した。小型の固有種の生産を増やせば、養殖物の栄養素密度は天然物に匹敵するものになり、魚とコメを同時生産するシステムでは環境負荷が最小となる。

Article: 中国の空気質、窒素利用効率および食料安全保証は費用対効果の高い農業分野の窒素管理によって改善される

Air quality, nitrogen use efficiency and food security in China are improved by cost-effective agricultural nitrogen management

doi:10.1038/s43016-020-00162-z

窒素の利用は中国の食料安全保障を強化してきたが、環境問題も引き起こしている。今回、複数の環境課題に取り組みながら中国の食料安全保障と公衆衛生を改善させるための、農業分野の窒素管理戦略が明らかになった。

Perspective: 殺虫剤政策を促進するための道筋

Pathways for advancing pesticide policies

doi:10.1038/s43016-020-00141-4

欧州では、殺虫剤を削減するため多数の政策が導入されている。ここでは、現在の政策の欠点について論じ、規制機関が効果的な殺虫剤政策を実施するための指針となる10の道筋を示す。

Review Article: 農業と食料安全保障を結びつける概念的枠組み

Conceptual frameworks linking agriculture and food security

doi:10.1038/s43016-020-00142-3

農業と食料安全保障を結びつける概念的枠組みの展望や仮定、用途は多種多様である。本稿では、こうした36個の枠組みを評価した後で、幅広く引用されている1個の枠組みにシステムモデル化規則を適用し、学際的な食品界を対象とする食料安全保障の枠組みにこれらのツールを組み入れることの有用性を実証した。

Article: 中国のテイクアウト用包装廃棄物の問題では食器類の共有が廃棄物の発生、汚染物質排出量および水消費量を減少させる

Sharing tableware reduces waste generation, emissions and water consumption in China’s takeaway packaging waste dilemma

doi:10.1038/s43016-020-00145-0

中国ではオンラインのフードデリバリーとテイクアウトの市場が成長しており、2018年には4億600万人の消費者から100億件の注文があった。今回、あるオンラインフードデリバリープラットフォームのデータから、中国の353都市で生じた包装や食器類の廃棄物がライフサイクルを通じて環境に及ぼす影響と、紙製代替物の使用や食器類の共有に関するシナリオが示された。

Article: 気温の上昇と農業管理慣行が18種類の作物の世界的な収穫量に及ぼす影響

Impacts of rising temperatures and farm management practices on global yields of 18 crops

doi:10.1038/s43016-020-00148-x

本稿では、世界の耕作地の70%、世界のカロリー摂取量の2/3を占める18種類の作物の収量の変動に対する、気候(気温および降水量)と農業経営慣行(殺虫剤と肥料の使用、および灌漑)の影響を国レベルで評価した。

Article: 中国での食料生産では国と省の環境的限界との整合性を保つために対策の強化が必要である

Food production in China requires intensified measures to be consistent with national and provincial environmental boundaries

doi:10.1038/s43016-020-00143-2

2030年に中国での持続可能な食料生産を達成するには、施肥の最適化、生産効率の改善、食品ロスと廃棄物の削減、食事パターンの移行といった戦略を地域間にまたがって組み合わせ、食料生産を中国北部から南部へ再配分する必要がある。ここでは、戦略を実施する手段と障害について論じる。

Perspective: ワンヘルスの視点から見た持続可能な養殖

Sustainable aquaculture through the One Health lens

doi:10.1038/s43016-020-0127-5

2050年までには、水産物による食事性タンパク質の大半が養殖部門で生産されることになる。本論文では、養殖業の急激な成長と発展を持続可能な形で切り抜ける指針となる15の指標を示している。

Review Article: 人間の健康のためにコムギを改良する戦略

Strategies to improve wheat for human health

doi:10.1038/s43016-020-0134-6

精白小麦粉を使用した食品と人間の健康に関する懸念が生じている。本総説では、コムギを使用した食品中の主な炭水化物成分の量や組成、相互作用が人間の健康に及ぼす影響と、これらの成分を操作する戦略について概説する。

Brief Communication: 「プラネタリー・ヘルス・ダイエット」の採用は各国の温室効果ガス排出量に異なる影響を及ぼす

Adoption of the ‘planetary health diet’ has different impacts on countries’ greenhouse gas emissions

doi:10.1038/s43016-020-0128-4

気候変動緩和活動では、食生活の変化が各国に及ぼす影響を考慮する必要がある。今回、国際貿易を含む食品の移動経路のモデル化したところ、EATランセット委員会が提案する食生活を採用することにより、低、中、高所得国の温室効果ガス排出量がどのように変化するかについての予想が明らかになった。

Brief Communication: 大学のカフェテリアでカウンターに置く料理の順番と選択肢の間隔はベジタリアン料理の売り上げに影響を及ぼす

Order of meals at the counter and distance between options affect student cafeteria vegetarian sales

doi:10.1038/s43016-020-0132-8

食肉消費量を削減する方法の1つとして、ベジタリアン料理を最初にカウンターに並べておくことが提案されている。今回、大学の2カ所のカフェテリアで行われた10万5143回の料理の選択に関する実験的研究により、料理の選択肢の間の物理的距離という条件つきで、この仮説が裏付けられた。

Article: Sukkula様転移因子の遺伝子移入による低カドミウムオオムギの育種

Breeding for low cadmium barley by introgression of a Sukkula-like transposable element

doi:10.1038/s43016-020-0130-x

人間が毒性の高い重金属であるカドミウム(Cd)にさらされる主な原因は食事である。今回、オオムギの穀粒へのCd集積に関与するP型重金属ATPase 3(HvHMA3)をコードする遺伝子が同定された。また、Sukkula様の転移因子がHvHMA3の発現の上方制御で重要な役割を果たしており、穀粒でのCd集積を低減させることが明らかになった。

Article: チーズのマイクロバイオームのメタ分析は品質に関する複数の側面への寄与を明らかにする

Meta-analysis of cheese microbiomes highlights contributions to multiple aspects of quality

doi:10.1038/s43016-020-0129-3

チーズのマイクロバイオームとこれに対応するボラチロームの高分解能メタ分析から、チーズの生産を向上させるための技術的・生態学的洞察が得られた。

Article: 産業的に飼育された食用昆虫での細菌芽胞の同定と食品由来ウイルスの選択的検出

Identification of bacterial endospores and targeted detection of foodborne viruses in industrially reared insects for food

doi:10.1038/s43016-020-0120-z

産業的な昆虫の生産は、これまで昆虫が消費されていなかった地域で特に拡大しているが、食品安全性基準はいまだに制定されていない。ここでは、未加工の昆虫由来の微生物学的汚染物質が存在する可能性について調査し、細菌胞子による食中毒のリスクは高いが、ウイルスによるリスクは低いことが明らかになった。

Review Article: 培養肉に関する科学、持続可能性、規制の問題点

Scientific, sustainability and regulatory challenges of cultured meat

doi:10.1038/s43016-020-0112-z

従来の畜産のような欠点がない食肉の生産は、将来の食料安全保障と栄養安全保障に大きく寄与することになると考えられる。ここでは、この急速に発展しているバイオテクノロジー分野の生物学的・技術的問題と、規制や消費者の受け入れに関する問題について取り上げる。

Review Article: ナノテクノロジーを使用する栽培農業の技術成熟度および持続的な実施における障害の克服

Technology readiness and overcoming barriers to sustainably implement nanotechnology-enabled plant agriculture

doi:10.1038/s43016-020-0110-1

ナノテクノロジーは、栽培農業に応用できる大きな可能性を秘めている。本稿では、この分野の技術成熟度を明らかにし、ナノテクノロジーを用いる技術の採用に対する最大の障壁について検討し、ナノテクノロジーを用いる農業を促進するためのロードマップを提案する。

Article: ニュートリオームとメタボロームの相互関係は食事摂取と代謝に関する洞察をもたらす

Nutriome–metabolome relationships provide insights into dietary intake and metabolism

doi:10.1038/s43016-020-0093-y

今回、米国の成人1848人の尿の代謝表現型解析から、構造的に同定された46種類の代謝物が67種類の栄養素の摂取による影響を受けること、これらの代謝物によって健康な食事パターンと不健康な食事パターンを正確に予測できることが明らかになった。これらの尿中バイオマーカーは食事由来で安定しており、測定可能で疾患リスクと関連していることから、食事パターンに関する情報を得るための従来の方法より進歩したものとなっている。

Article: 世界の畜産物のサプライチェーンに伴う窒素排出量

Nitrogen emissions along global livestock supply chains

doi:10.1038/s43016-020-0113-y

畜産による温室効果ガスの排出量は、フードシステムの持続可能性にとって重要である。世界の畜産物のサプライチェーンに関する空間明示型分析から、種やシステム、生産強度、家畜飼料の由来や管理によって窒素利用効率が大幅に変動することが示された。

Article: アフリカ・サブサハラ地域の作物収量の低さを克服するための保全農業の限界

Limits of conservation agriculture to overcome low crop yields in sub-Saharan Africa

doi:10.1038/s43016-020-0114-x

持続可能な農業を強化するため、保全農業の原則が広く推奨されているが、アフリカ・サブサハラ地域の作物収量に対する保全農業の効果はほとんど明らかにされていない。今回、16カ国を対象としたメタ分析からこれらの効果が定量化されるとともに、最大の効果が得られる条件が明らかになった。

Review Article: 真菌性および卵菌性の新たな作物病原体が世界の食料安全保障にもたらす脅威

Threats to global food security from emerging fungal and oomycete crop pathogens

doi:10.1038/s43016-020-0075-0

真菌性および卵菌性の新たな病原体は、世界の食料安全保障に対する大きなリスクとなっている。本総説では、病原体の侵入や拡散、現在の病害防除戦略に影響を及ぼす要因について概説し、新たな作物病原体による問題に対処するための研究が取るべき方向性を明らかにしている。

Review Article: 新たな食品技術に対する消費者の受け入れ

Consumer acceptance of novel food technologies

doi:10.1038/s43016-020-0094-x

新規の破壊的な技術に対する消費者の受け入れは、その技術の実現やフードシステムを変化させる力を築くのに重要である。ここでは遺伝子工学、ナノテクノロジー、培養肉、食品照射を例に取り上げ、食物新奇性恐怖や嫌悪感受性、文化的価値という枠組みを通して消費者の受け入れを検討する。

Brief Communication: アルコール飲料に添加されたメタノールの検出を可能とするポケットサイズの装置

A pocket-sized device enables detection of methanol adulteration in alcoholic beverages

doi:10.1038/s43016-020-0095-9

偶然に、または意図的にメタノールが混入されたアルコール飲料の摂取による死亡は、特にアジアでは重大な公衆衛生問題となっている。今回、携帯型の検査装置と組み合わせたスマートフォンアプリが公開され、消費者や飲料メーカー、法執行当局、医療従事者が迅速かつ正確にメタノールを定量することが可能となった。

Article: 食事代謝タイプのモデルは食事介入への個人の反応を予測する

Dietary metabotype modelling predicts individual responses to dietary interventions

doi:10.1038/s43016-020-0092-z

食事介入に対する個人の反応にはばらつきがあることが報告されている。今回、高度に管理された摂食研究から得られたデータと尿代謝の表現型を組み合わせることで、個人間の反応を統合する食事代謝タイプスコア(Dietary Metabotype Score)が開発された。このスコアは、個人レベルでの摂食反応を標的として強化することで、食事に関連する疾患の問題を集団レベルで減少させる方法となる可能性がある。

Article: 中国でのリン循環のネットワークレジリエンスは1600~2012年の自然流量、肥料の使用、食生活の変遷によって変化した

Network resilience of phosphorus cycling in China has shifted by natural flows, fertilizer use and dietary transitions between 1600 and 2012

doi:10.1038/s43016-020-0098-6

リン循環経路およびそれらが撹乱に耐える力は、持続可能かつ十分な食料生産にとって重要である。生態系ネットワーク分析を中国のマルチノード循環ネットワークに応用したところ、リン循環の完結に対する感度とエントリーポイントが明らかになった。

Article: 動物由来の食品は米国の最小限の費用で栄養学的に十分な食事構成に必要である

Animal-sourced foods are required for minimum-cost nutritionally adequate food patterns for the United States

doi:10.1038/s43016-020-0096-8

食事構成の手頃な価格は国によって異なり、そのため、栄養所要量を満たすのに必要な動物および植物由来の食品のレベルにも影響が及んでいる。今回Chungchunlamたちは、最適化モデルを用い、最小限の費用で栄養バランスのとれた米国の食事の構成要素を明らかにした。

Perspective: 熱帯農業の再興は食料生産、農村経済、健康、社会正義および環境に有益な結果をもたらす

A re-boot of tropical agriculture benefits food production, rural economies, health, social justice and the environment

doi:10.1038/s43016-020-0076-z

荒廃した農地の復旧は、食料安全保障に寄与するだけでなく、持続可能性、農村生活の維持、経済、社会、文化にメリットをもたらすことがある。カメルーンでの長年にわたる混農林業(アグロフォレストリー)プログラムから、こうした有益な結果が明らかになった。

Perspective: イノベーションは持続可能なフードシステムへの移行を促進する

Innovation can accelerate the transition towards a sustainable food system

doi:10.1038/s43016-020-0074-1

技術やシステミックイノベーションは、フードシステムの変革にとって極めて重要である。本稿では、有望な技術を明らかにし、それらの成熟度を評価し、イノベーションを促進するための8つのアクションプランを提案する。

Review Article: 作物バイオテクノロジーと食の未来

Crop biotechnology and the future of food

doi:10.1038/s43016-020-0072-3

作物収量は世界の多くの地域で停滞し、気候変動は世界的な農業システムを脅かしている。ここでは、農業バイオテクノロジーによって食用作物の形質を強化するため、ゲノム解析と画期的な新しい植物育種技術を活用する最近の動向について包括的な概観を示す。

Article: 郡およびパントリーレベルでの圧力の時間的・空間的指標によって評価したインディアナ州中南部での緊急食料システムへのアクセシビリティー

Accessibility to emergency food systems in south-central Indiana evaluated by spatiotemporal indices of pressure at county and pantry level

doi:10.1038/s43016-020-0079-9

フードパントリーは、米国の緊急食料援助ネットワークの一部となっているが、食へのアクセスの構成要素としての研究が不足している。本稿で開発した「パントリーアクセシビリティー指標(Pantry Accessibility Index)」と「個人アクセシビリティー指標(Individual Accessibility Index)」は、インディアナ州中南部の食料不足に対するこうしたサービスの時間的・空間的な利用可能性の測定を可能とするものである。

Article: 世界的な水産物貿易に組み込まれているポリ塩化ビフェニルの人体への曝露

Human exposure to polychlorinated biphenyls embodied in global fish trade

doi:10.1038/s43016-020-0066-1

食料安全保障は、汚染された食品の国際貿易によって脅かされている。今回Huangたちは、毒性化学物質であるポリ塩化ビフェニル153(PCB153)への消費者の曝露をモデル化する方法を示し、輸入された魚の摂取によって消費者のPCB153への曝露が多くなっている地域を特定した。

Analysis: 新たな水産養殖飼料の世界的な普及は2030年までに餌魚の需要を大幅に減少させる可能性がある

Global adoption of novel aquaculture feeds could substantially reduce forage fish demand by 2030

doi:10.1038/s43016-020-0078-x

新たな水産養殖飼料は急速に開発されているが、持続可能な業界の成長に対する寄与は明らかにされていない。今回Cottrellらは、飼料効率と脂肪酸プロフィールをモデル化し、餌魚を新たな飼料成分で代替することによって世界的な食料安全保障における水産養殖の役割を強化できることを明らかにした。

Perspective: 食用作物の改良を促進するCRISPR法

A CRISPR way for accelerating improvement of food crops

doi:10.1038/s43016-020-0051-8

CRISPR技術は植物のゲノム編集で広く用いられ、精密育種に役立つ可能性が高い。CRISPR技術を食用作物に応用すれば、作物合成生物学や作物の栽培化が期待できる。著者たちは、発展途上国でのCRISPR技術の利用に対する規制政策の影響についても論じている。

Perspective: 南アジアでの食糧安全保障と栄養安全保障の実現では性差が極めて重要である

The achievement of food and nutrition security in South Asia is deeply gendered

doi:10.1038/s43016-020-0059-0

農業部門や食料部門の多くの女性にとって、男女不平等や差別的法律、経済的不安定性は未だに根強く残っている。本稿では、経済成長にもかかわらず、南アジアの一部の地域で続いている栄養失調や食料不安について女性の力を阻む社会的・政治的構造の観点から考証する。

Article: 組織状ダイズタンパク質による足場材料は培養肉用の3次元ウシ骨格筋組織の作製を可能にする

Textured soy protein scaffolds enable the generation of three-dimensional bovine skeletal muscle tissue for cell-based meat

doi:10.1038/s43016-020-0046-5

動物の骨格筋細胞の培養は、従来の畜産を行わない新たなタンパク質供給源となる可能性がある。今回Ben-Ayreたちは、組織状ダイズタンパク質を細胞外マトリックスの足場として用いることで、in vitroでの培養肉生産における課題の1つに取り組んだ。この方法により、骨格筋細胞を3次元で発達させ、人間が消費する肉に似た製品を生産することが可能となった。

Article: 中国でのアフリカ豚熱の大流行による世界的な経済的影響のモデル化

Modelling the global economic consequences of a major African swine fever outbreak in China

doi:10.1038/s43016-020-0057-2

アフリカ豚熱(ASF) により東アジア、特に中国での豚肉生産が減少しているが、ASFの世界的な経済コストは明らかになっていない。今回Mason-D’Crozたちは、中国のASF大流行シナリオが世界の豚肉市場に及ぼす影響のモデル化から、豚肉や牛肉、鶏肉の価格が上昇し、中国での一人当たりのカロリー摂取量が減少すると予測している。

Article: 地域での食用作物生産は人口の1/3以下の需要しか満たすことができない

Local food crop production can fulfil demand for less than one-third of the population

doi:10.1038/s43016-020-0060-7

今回、「フードシェッド」モデルによって世界の作物の生産地と消費地の最小距離が示された。その結果、収量格差の縮小や食品ロスの削減のレベルに違いはあっても、世界人口の大半は食料を得るため貿易に依存していることが示された。

Perspective: 都市園芸の潜在的可能性

The hidden potential of urban horticulture

doi:10.1038/s43016-020-0045-6

多くの都市には、果物と野菜に対する住民の需要を満たすのに十分なスペースがある。今回、英国のシェフィールドの事例研究に基づく概念的枠組みから、都市園芸の未開発の可能性を実現する機会と、その際の重要な課題が浮き彫りとなった。

Perspective: 持続可能な開発のための畜産政策

Livestock policy for sustainable development

doi:10.1038/s43016-020-0042-9

畜産物は、環境や人間の健康、動物福祉の観点から厳しく監視されている。将来の政策決定では、畜産と「持続可能な開発目標(SDGs)」との相互作用の複雑さなどを示し、それらと取り組んでいく必要がある。

Article: カリフォルニア州の多年生作物の収量に対するオゾンおよび気候変動の影響

Impacts of ozone and climate change on yields of perennial crops in California

doi:10.1038/s43016-020-0043-8

果物やナッツといった多年生作物は、食事の多様性や栄養にとって重要であり、カリフォルニア州では農産物の経済価値の約40%を占めている。今回、カリフォルニア州の多年生作物の過去の収量と将来の収量に対する気候変動とオゾンの影響が評価された。

Article: 政策のパッケージ化がフードシステムの転換を実現可能にする

Policy packaging can make food system transformation feasible

doi:10.1038/s43016-020-0047-4

今回、フードシステムが環境に与える影響を削減するための政策パッケージの受け入れについて、中国、ドイツ、および米国の合同実験で検証が行われた。持続可能なフードシステムを実現するためには人気がない方法も用いられる可能性があるが、政策を戦略的にパッケージ化することで、こうした方法に対する市民の支持が高まる可能性がある。

Review Article: 食品ゲルの設計原理

Design principles of food gels

doi:10.1038/s43016-019-0009-x

今回の包括的な総説では、食品ゲルの構成要素的性質、設計方法、構造特性について述べ、食品科学、栄養および健康業界に関する用途を示す。

Article: インターロイキン10に対するシングルドメイン抗体を発現したトウモロコシを給餌したアイメリア感染鶏での成績の向上

Improved performance of Eimeria-infected chickens fed corn expressing a single-domain antibody against interleukin-10

doi:10.1038/s43016-020-0029-6

家禽のコクシジウム病は、全世界で年間30億ドルの生産損失をもたらし、予防的な抗菌剤の使用によって管理されている。今回Lessardたちが、コクシジウム症を軽減するための遺伝子組換えトウモロコシに基づく鶏用飼料を開発したところ、このトウモロコシを給餌したアイメリア感染群では無処置対照群と比較して腸の病変が減少し、体重および飼料効率が改善した。トウモロコシ給餌群とサリノマイシン処置群が同等の結果を示したことから、抗菌剤を使わずにコクシジウム症を管理できる可能性が示された。

Article: 土壌水分と大気蒸発需要の複合影響は米国のトウモロコシ収量の正確な予測に重要である

Combined influence of soil moisture and atmospheric evaporative demand is important for accurately predicting US maize yields

doi:10.1038/s43016-020-0028-7

熱ストレスと水分ストレスに対する農作物の反応を解明することは、気候変動下で食料システムを適応させるのに不可欠である。今回、新たに利用可能になった衛星による土壌水分データを用いた研究から、米国のトウモロコシ収量を正確に予測するには、土壌水分と大気蒸発需要の複合影響が重要であることが明らかになった。

Article: ルビスコを過剰生産する遺伝子組換えイネは窒素利用効率を向上させることで実験水田で収量の増加を示す

Transgenic rice overproducing Rubisco exhibits increased yields with improved nitrogen-use efficiency in an experimental paddy field

doi:10.1038/s43016-020-0033-x

今回、リブロース1,5-二リン酸カルボキシラーゼ-オキシゲナーゼ(ルビスコ)の過剰生産によって光合成活動が増加するよう改変した遺伝子組換えイネは、窒素利用効率の向上によって実験水田での収量が増加することが示された。

Review Article: 肥満と糖尿病に関する世界的危機を軽減するための食生活と政策の優先順位

Dietary and policy priorities to reduce the global crises of obesity and diabetes

doi:10.1038/s43016-019-0013-1

肥満や2型糖尿病を抑制するための食事法や政策的アプローチは、議論を引き起こしたり混乱を招いたりすることがある。ここでは、食生活と健康に関する最先端の新たな証拠を統合し、政策について検討し、栄養科学分野の進化と食生活に対するアドバイスの変化の整合性を図っている。

Review Article: 国際貿易と食料システム、栄養失調、気候変動のネクサス

The nexus between international trade, food systems, malnutrition and climate change

doi:10.1038/s43016-019-0014-0

貿易協定は、政府が栄養の改善や気候変動の緩和を目的とした食料システムレベルの行動を実行するのを制約したり、可能としたりする可能性がある。ここでは、食料システムと相互作用がある貿易協定の技術的・政治的側面について再検討し、貿易政策における目標と、栄養や気候変動といった公共の利益における目標の間の整合性について論じる。

Brief Communication: 全球的なオメガ3脂肪酸サイクルの定量化に対するシステムアプローチ

Systems approach to quantify the global omega-3 fatty acid cycle

doi:10.1038/s43016-019-0006-0

オメガ3脂肪酸は人間の食生活にとっても、一部の水産養殖や家畜の飼料用にとっても重要である。本論文では、供給のギャップについて報告し、定量的システム分析を用いて全球的なオメガ3脂肪酸サイクルの効率を高めるための標的を明らかにしている。

Article: 1961年~2013年の世界的な食料供給の多次元評価

Multidimensional characterization of global food supply from 1961 to 2013

doi:10.1038/s43016-019-0012-2

食料システムは、グローバル化と相互依存がますます進んでいる。今回Benthamたちが、170カ国以上の国々の食料供給データを用いて50年間にわたる世界的な食料供給の変化のパターンを評価したところ、欧米諸国の多くの国々では動物性食品と砂糖の供給量が低下し、アジア諸国ではこれらの食品の供給量が増加していること、アフリカ・サブサハラ地域の食料供給量は驚くほど変化していないことが明らかになった。

Article: 気候の転換点後の英国の国土利用と食料生産の変化

Shifts in national land use and food production in Great Britain after a climate tipping point

doi:10.1038/s43016-019-0011-3

大西洋南北熱塩循環(AMOC)の崩壊は、英国の農用地利用とその経済的価値に影響を及ぼすと考えられる。今回Ritchieらは、AMOCのなだらかな崩壊(従来の気候変動)と急激な崩壊(転換点の変化)が英国の土地利用や耕作農業、関連する経済生産高に及ぼす影響と、大規模灌漑といった技術的適応の経済的実現可能性についてモデル化を行った。

Article: グンバイナズナの栽培化に必要となる重要な形質の特定とスタッキング

Identification and stacking of crucial traits required for the domestication of pennycress

doi:10.1038/s43016-019-0007-z

グンバイナズナ(Thlaspi arvense)を冬季の被覆作物として栽培すれば、新たな食料源と副産物を提供できる可能性がある。今回Chopraたちは、複数の望ましい形質をスタッキングすれば、グンバイナズナを速やかに栽培化できることを実証した。得られた作物は現在の輪作に溶け込み、栄養価が高く、収穫しやすく、食用に適した種子を生産すると考えられる。

Comment: 未来を見すえた食料システムアナリストの育成

A future workforce of food-system analysts

doi:10.1038/s43016-019-0003-3

英国の5つの大学では、食糧安全保障や環境や企業のため、食料システムの複雑さに対する理解を深めたり、より適正に管理したりするのに必要な技能やツール、能力を大学院生に身につけさせることを目的としたプログラムが開発されている。

Perspective: 人間の食事の化学的な複雑さはマッピングされていない

The unmapped chemical complexity of our diet

doi:10.1038/s43016-019-0005-1

機械学習などの進歩により、食品をあらゆる生化学的角度から系統的に研究することが可能になると考えられる。栄養学の「未知の物質」を明らかにすれば、私たちが食べているものの組成と、それが健康や疾患にどのように関わっているのかをより深く理解するための新たな道が開かれる可能性がある。

Article: 温暖化がコムギに及ぼす影響のモデルでの高緯度地域と低緯度地域の不確実性分布の違い

Different uncertainty distribution between high and low latitudes in modelling warming impacts on wheat

doi:10.1038/s43016-019-0004-2

全球グリッド作物モデルは、作物収量に対する気候変動の影響をシミュレーションするものだが、不確実性の定量化が難しいことから信頼性が低くなっている。今回Xiongたちは、パラメタリゼーションの方法によって不確実性がどう低下するかを調べ、中・高緯度地域で生育するコムギの収量では、将来の不確実性が大きくなることを明らかにした。

News & Views: 全球作物モデルの不確実性

Uncertainties in global crop modelling

doi:10.1038/s43016-019-0008-y

気候変動下でのコムギ生産に関する無矛盾全球グリッドマルチモデル評価から、特に中・高緯度地域では、作物モデルによって大きな不確実性が生じることが指摘された。

Perspective: 農家だけに止まらない窒素汚染政策

Nitrogen pollution policy beyond the farm

doi:10.1038/s43016-019-0001-5

本稿では、フルチェーンの窒素利用効率という概念に基づいて、農業・食品チェーンの主要な行為者を標的とする政策介入と基準について提案する。

「Journal home」へ戻る

プライバシーマーク制度