Research press release

生態学:中国の外国開発金融による生物多様性と先住民の土地への潜在的リスク

Nature Ecology & Evolution

Ecology: Potential risks to biodiversity and Indigenous lands from China’s overseas development finance

中国の二大政策銀行が融資する外国の開発プロジェクトには、近隣で生物多様性や先住民の土地を脅かす可能性があるものが多いという世界規模の分析結果について示した論文が、Nature Ecology & Evolutionに掲載される。この分析は、Scientific Dataに同時に掲載されるデータに基づいている。今回の知見は、その種のプロジェクトで生じる潜在的な社会生態学的リスクが世界銀行の融資による同種のプロジェクトのリスクを上回ることを示唆しており、持続可能性の改善を目的とする今後の戦略に極めて重要と考えられる。

道路や鉄道、発電所などの開発プロジェクトは、大きな経済的利益を生むことができるが、社会生態学的な悪影響を呼んで環境破壊や社会的対立を生じることもある。過去40年で、中国は世界銀行をしのぐ世界最大級の開発資金提供者となった。しかし、中国の外国開発金融に伴う潜在的なリスクに関してはほとんど分かっていない。

今回、Kevin Gallagherたちは、中国国家開発銀行(CDB)と中国輸出入銀行(CHEXIM)という中国の二大政策銀行の融資を受ける外国の開発プロジェクトが生態学的に敏感な地域と先住民の土地に与え得るリスクを調べた。この調査では、リスクのある地域の内部および近隣の開発プロジェクトへの投資に着目して、これらの政策銀行2行が2008~2019年に行った93か国への国際融資859件[総額4620億ドル(約50兆8200億円)]の詳細を記録した大規模なデータベースが分析された。Gallagherたちは今回の分析で、これらの融資のうち594件を使用した。分析の結果、これら2行の融資を受けたプロジェクトの63%(372/594)は、潜在的な危機的生息地や保護区、先住民の土地と重なることが明らかになった。また、絶滅が危惧される世界の鳥類、哺乳類、爬虫類、両生類の最大24%が、そうしたプロジェクトの影響を受けると考えられた。世界的なリスクのホットスポットが存在するのは、主としてアフリカのサハラ以南地域の北部、東南アジア、南米の一部地域であった。平均すると、CDBとCHEXIMが融資を行う開発プロジェクトは、世界銀行の資金を受ける同種のプロジェクトと比較して、特にエネルギー部門で生物多様性へのリスクが大きいことが明らかになった。

Gallagherたちは、リスクの性質や有無を確認するとともに、潜在的なリスクを緩和する可能性のある保護戦略を実行するために、今回の結果を現場でのアセスメントによって補完することが重要になると指摘している。

Overseas development projects financed by China’s two leading policy banks often have the potential to threaten nearby biodiversity and Indigenous lands, according to a global analysis published in Nature Ecology & Evolution, based on data published simultaneously in Scientific Data. These findings — which suggest that the potential socio-ecological risk posed by these projects is greater than the risk from similar projects funded by the World Bank — could be crucial for future strategies aimed at improving sustainability.

Although development projects, such as roads, railways and power stations, can bring important economic benefits, they can also have negative socio-ecological impacts, resulting in environmental degradation and social conflicts. Over the past four decades, China has become one of the world’s largest sources of development finance, surpassing the World Bank. However, little is known about the potential risks associated with China’s overseas development finance.

Kevin Gallagher and colleagues examined the possible risks posed to ecologically sensitive areas and Indigenous lands by overseas development projects financed by the China Development Bank (CDB) and Export-Import Bank of China (CHEXIM), the two main policy banks of China. The authors analysed a large database detailing 859 international loans across 93 countries made by these two policy banks between 2008 and 2019 (totalling US$462 billion), focusing on investments in development projects within and adjacent to at-risk areas. The authors used 594 of these loans in their analyses. Sixty-three per cent (372/594) of the projects financed by these two banks were found to overlap with potential critical habitats, protected areas and/or Indigenous lands. Up to 24% of the world’s threatened birds, mammals, reptiles and amphibians might also be affected by these projects. Global risk hotspots were located primarily in northern Sub-Saharan Africa, Southeast Asia, and regions of South America. On average, development projects financed by the CDB and CHEXIM were found to present greater risks to biodiversity than similar projects funded by the World Bank, particularly within the energy sector.

The authors note that it will be important to complement their results with on-site assessments to confirm the nature and presence or absence of risks, as well as to implement safeguarding strategies that might mitigate against potential risks.

doi: 10.1038/s41559-021-01541-w

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度