Research press release

【生態学】英国の生物多様性の回復を示す何らかの兆候か

Nature Ecology & Evolution

Ecology: Some signs of recovery in UK biodiversity?

5000種を超える無脊椎動物、非維管束植物、地衣類を分析することにより、過去45年間で英国の生物多様性に複雑な変化が生じたとする報告が、Nature Ecology & Evolutionに掲載される。今回の知見は、これらの生物種の2015年の平均存在度が、1970年よりも11%高くなったことを示唆している。

生物多様性の大規模研究は、保全の取り組みが確実に的を射ているようにする上で重要である。しかし、生物多様性の傾向に関する広範囲の分析には無脊椎動物群の多くが登場してこない。昆虫たちの減少を報じた最近の論文は懸念を巻き起こしたが、論文の基礎データは不十分である場合が多い。

Charlotte Outhwaiteたちは、1970年以降の英国の5000種を超える無脊椎動物、コケ類(蘚類、苔類、ツノゴケ類といった非維管束植物)および地衣類の存在状況に関する年次的傾向を分析した。全国的なモニタリング計画29件のデータを利用することにより、1970~2015年の全国的な変化が種ごとに推定された。

その結果、全生物種の2015年の平均存在度は1970年との比較で11%高かったことが明らかになった。存在度の上昇率は、昆虫が5.5%、コケ類および地衣類が36%であった。昆虫以外の無脊椎動物のみが6%超の減少を示した。淡水種は、20年近くにわたる減少を経て、2015年までに約7%回復した。しかし、個々の種の汎存性と希少性の間には変化があり、群集構成が変化しつつあることが示唆された。

そうした変化は環境規制の導入につながる可能性がある。しかしOuthwaiteたちは、生物多様性の幅広い低下は大規模な土地利用変化および産業革命によって1970年代以前に起こっていたようだと注意を促している。

An analysis of more than 5,000 species of invertebrates, non-vascular plants and lichens reveals complex changes in UK biodiversity over the past 45 years, according to a study in Nature Ecology & Evolution. The findings suggest that the average occurrence of these species was 11% higher in 2015 than in 1970.

Large-scale studies of biodiversity are integral to ensuring conservation efforts are targeted correctly. However, most invertebrate groups do not appear in wider analyses of biodiversity trends. Recent reports of declines among insects have led to concerns, but the data underlying the reports are often limited.

Charlotte Outhwaite and colleagues analysed annual trends in the presence of more than 5,000 species of invertebrates, bryophytes (non-vascular plants such as mosses, liverworts and hornworts) and lichens in the United Kingdom since 1970. Using data from 29 national monitoring schemes, the authors estimated nationwide changes in each species between 1970 and 2015.

They find that the average occurrence of all species was 11% higher in 2015 compared to 1970. Insect occurrences increased by 5.5% and bryophytes and lichens by 36%. Only non-insect invertebrates showed a decline of over 6%. Freshwater species recovered by around 7% by 2015 having undergone nearly two decades of decline. However, there were changes between commonness and rarity of individual species, which suggest that the composition of communities is changing.

These changes may be linked to the introduction of environmental regulations. However, the authors caution that widespread biodiversity loss is likely to have occurred prior to the 1970s due to extensive land-use change and the Industrial Revolution.

doi: 10.1038/s41559-020-1111-z

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度