Research press release

【生態学】絶滅したシカ似の種が「再発見」された

Nature Ecology & Evolution

Ecology: Lost deer-like species ‘rediscovered’

科学的には絶滅したものと考えられていた、シカに似た有蹄類種がベトナムにおいて野生で生きているのが発見されたことを報告する論文が掲載される。これまで、マメジカの1種Tragulus versicolorのものとして知られる最後の記録は、1990年に狩猟で殺された標本であったが、このほど、その種の生きている姿が30年ぶりに撮影された。

ベトナムとラオスの大アンナマイトエコリージョン(Greater Annamites Ecoregion)は、世界有数の生態学的多様性を有する地域である。1910年、silver-backed chevrotainと呼ばれるマメジカの一種T. versicolorが、ベトナム・ニャチャン市近郊で得られた標本に基づいて初めて記載された。しかし、1990年以降は科学的に確かな目撃例が確認されておらず、この地域で盛んに行われているわな猟がこの種を絶滅の瀬戸際に追い込んだのではないかと懸念されていた。

An Nguyenたちは、ベトナムの3つの省の住民から聞き取りを行い、T. versicolorを捜し出す取り組みの中で、マメジカの目撃例がその種の記載と一致することを明らかにした。そして、この地元の情報を利用して、動きに反応するカメラトラップを近隣の森林生息地に30台以上設置した。

6か月にわたるカメラトラップ調査の結果、T. versicolorは200回以上検知されていたことが確認された。ただし、写っている個体が何頭なのかは不明である。この種は科学的には「再発見」されたものと考えることができるが、現地の調査から、地元住民の間では絶滅したとは考えられていなかったことが指摘された、というのが研究チームの結論である。

個体群のサイズを明らかにし、この種の保全に資する取り組みの強化を図るためには、さらに徹底的な調査と地元社会の関与が必要なのではないか、と研究チームは示唆している。

A species of deer-like ungulate that was thought lost to science has been discovered living in the wild in Vietnam, reports a study in Nature Ecology & Evolution. Previously, the last known record of the silver-backed chevrotain was a hunter-killed specimen from 1990, but researchers have now photographed the species alive for the first time in 30 years.

The Greater Annamites Ecoregion of Vietnam and Lao People's Democratic Republic is one of the most ecologically diverse regions in the world. In 1910, a species of mouse-deer called the silver-backed chevrotain (Tragulus versicolor) was first described, based on specimens obtained near the city of Nha Trang, Vietnam. However, since 1990, no scientifically validated sightings have been confirmed, and it was feared that high levels of snare hunting in the region may have pushed this species to the brink of extinction.

An Nguyen and colleagues conducted interviews with local people in three Vietnamese provinces to identify chevrotain sightings consistent with descriptions of the silver-backed chevrotain in an effort to locate the species. They then used this local knowledge to place more than 30 motion-activated camera traps within a nearby forested habitat.

Following six months of camera-trapping, the authors identified more than 200 independent detections of the silver-backed chevrotain, although the number of distinct individuals this represents is unknown. The authors conclude that although the species can be thought of as ‘rediscovered’ to science, the local surveys indicate that this species has not been considered lost among the people of this region.

The authors suggest that more intensive surveys and engagement with local communities are needed to establish the size of the population, and to ensure that efforts are stepped up to help conserve the species.

doi: 10.1038/s41559-019-1027-7

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度