Research press release

小さなティラノサウルスが大きな空白を埋める

Nature Ecology & Evolution

Tiny tyrannosauroid fills a big gap

米国ニューメキシコ州で出土した小型のティラノサウルス類恐竜の新発見種の化石について記載した論文が、今週報告される。その標本は、それぞれ複数の骨が保存されている若齢の2個体の骨格であって約9200万年前のものと推定されており、解明が進んでいないTyrannosaurus rexやその近縁種の起源に関する洞察をもたらす。

巨大なティラノサウルスは、8000万~6600万年前の後期白亜紀に繁栄した。しかし、ティラノサウルス類の起源は、現在の北米で中期白亜紀に起こった海水準上昇に伴う標本発見の全般的空白のためにほとんど明らかにされていない。S Nesbittたちは、ニューメキシコ州のズニ盆地で新たなティラノサウルス類の骨格を2点発見した。その化石は、中期白亜紀のティラノサウルス類として史上最も完全に近い標本である。現地のズニ語でコヨーテを表す‘suski’からSuskityrannus hazelaeと命名されたこの恐竜は、頭蓋の全長が25~32 cmであった。その標本は若齢個体のものであったが、S. hazelaeは成体でもT. rexのような後期白亜紀の近縁種と比べてはるかに小型であったと推定された。S. hazelaeは、小型ではあったが、走ることに特別に適応した足と強力な咀嚼力を備えていた。こうした特徴の組み合わせは、初期のティラノサウルス類やその後の大型化したティラノサウルス類には認められない。

研究チームは、解析の結果、S. hazelaeを最初期の種を分けた最小の種と後期白亜紀の巨大種の間の中間的なティラノサウルス類として位置付け、この新種がティラノサウルス類の進化史における重大な空白を埋めるものと結論付けている。

The fossils of a newly discovered species of small tyrannosauroid dinosaur that were found in New Mexico, United States, are described in a paper published online this week in Nature Ecology & Evolution. These specimens, two associated juvenile skeletons dated to around 92 million years ago, provide insight into the little-understood origins of Tyrannosaurus rex and its closely related cousins.

Gigantic tyrannosaurs thrived in the Late Cretaceous from 80-66 million years ago. However, their origins are poorly understood because of a global sampling gap associated with high sea levels in what is now North America that occurred earlier in the epoch. Sterling Nesbitt and colleagues uncovered two skeletons of a new tyrannosauroid in the Zuni Basin of New Mexico. These fossils represent the most complete specimens of a mid-Cretaceous tyrannosauroid to date. Named Suskityrannus hazelae, after the local Zuni word for coyote, ‘suski’, this dinosaur had a skull measuring 25-32 cm in total length. Although the specimens were young, the authors estimate that the adult S. hazelae would have been considerably smaller than its Late Cretaceous cousins, such as the T. rex. Despite its size, S. hazelae had a specially adapted running foot and a strong bite force — a combination of characteristics not present in early tyrannosauroids or later, larger tyrannosauroids.

The authors’ analysis places S. hazelae as an intermediate tyrannosauroid, between the smallest species that diverged the earliest and the giants of the Late Cretaceous. They conclude that this new species fills an important gap in tyrannosauroid evolutionary history.

doi: 10.1038/s41559-019-0888-0

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度