Research press release

水質がサンゴ礁の回復を後押しする

Nature Ecology & Evolution

Water quality boosts reef recovery

劣悪な水質にさらされているサンゴ礁は、かく乱からの回復に時間がかかり、サンゴの病気にも脆弱であることを明らかにした論文が、今週掲載される。今回の研究から、局地的に水質を改善すれば、一部のサンゴ礁は気候変動による白化の影響を受けにくくなる可能性があるが、そのような取り組みでは、最も象徴的なサンゴ礁を救うのには不十分であることが明らかになった。

気候変動やその他の圧力が、すでにグレートバリアリーフの広大な部分に損傷を与えつつある。こうしたサンゴ礁の将来の復元力は、かく乱に耐えてサンゴの減少から回復する能力によって決まると考えられる。

Aaron MacNeilたちは今回、1995~2017年にグレートバリアリーフの46地点から収集されたサンゴ被度データを用いて、熱帯低気圧、病気の大発生、およびサンゴの白化による損傷がサンゴ礁にどのような影響を与えたのかを評価した。また、それらのサンゴ礁がさまざまな種類の損傷からどれだけ回復したのかも調べた。

MacNeilたちは、河川から流出した水がもたらす劣悪な水質がサンゴの回復に対する最大の障害であることを明らかにした。濁った水を透過する光の量が乏しいため、実は水質の劣った海域のサンゴの方が白化にはやや強いことが分かった。しかし、そうしたサンゴは白化からの回復に時間がかかり、病気の大発生にも弱かった。

一部の沿岸海域では、6~17%の水質改善によって予測されるサンゴ白化の増加が緩和される可能性があることが示唆された。このレベルの改善は、目標達成の可能性こそ低いものの、現地政府の改善計画の視野に入っている。ただしMacNeilたちは、外側陸棚のサンゴ礁に典型的な熱に弱いサンゴについては、水質の改善だけでは保護されないと警鐘を鳴らしている。

Coral reefs exposed to poor water quality recover slowly from disturbances and are more susceptible to coral disease, reports a paper published online this week in Nature Ecology & Evolution. The study finds that improving local water quality may help some reefs better withstand the bleaching impacts of climate change, but these efforts are insufficient to save the most iconic reefs.

Climate change and other pressures are already damaging broad sections of the Great Barrier Reef. The future resilience of this reef will be determined by its ability to resist disturbances and recover from coral loss.

Aaron MacNeil and colleagues used data on coral cover collected from 46 locations in the Great Barrier Reef between 1995-2017 to assess how damage inflicted by tropical cyclones, disease outbreaks and coral bleaching have affected the reef. They also examined how well the reef recovered from various types of damage.

The authors found that poor water quality, resulting from river run-off, was the biggest impediment to coral recovery. They found that corals in areas with poor water quality were in fact somewhat more resistant to coral bleaching, due to the low level of light penetrating the turbid water. However, these corals recovered from bleaching more slowly and were more susceptible to disease outbreaks.

The authors suggest that a 6-17% improvement in water quality may buffer the predicted increases in coral bleaching at some inshore locations. This level of improvement is within the scope of local government improvement plans, although the targets are unlikely to be met. However, the authors caution that improvements in water quality alone will not protect the heat-sensitive corals typical of outer-shelf reefs.

doi: 10.1038/s41559-019-0832-3

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度