Research press release

花でいっぱいの庭がハチをごっそり引き寄せる

Nature Ecology & Evolution

Fancy gardens bring all the bees to the yard

花資源と花粉媒介者について、英国の主要4都市の360地点における大規模な研究の結果を報告する論文が、今週掲載される。

都市化はハチやアブなどの花粉媒介昆虫を脅かすが、過去の小規模研究では、都市の一部の地域が花粉媒介者の大個体群を支える可能性があることが示されている。都市のさまざまな土地利用法が花粉媒介者に与える影響を明らかにすることは、生物多様性との調和性が高い都市を開発して、ハチをはじめとする花粉媒介種の減少を抑制するのに役立つ可能性がある。

Katherine Baldockたちは、ブリストル、エディンバラ、リーズ、およびレディングにおける植物と花粉媒介昆虫の分布を調査した。そして、それらの分布が、9種類の主要な土地利用法[墓地、市民農園、人工的地表面(駐車場や工業団地など)、自然保護区、その他の緑地、公園、住宅の庭、道路沿いの緑地、歩道]の間でどう異なるかを調べた。

その結果、住宅の庭と市民農園は、それ以外の種類の都会地域を上回る数の花粉媒介者を支えており、ハチの個体数は、人工的地表面の地域と比較して最高50倍に上ることが分かった。Baldockたちは、このような差は花の多様性の違いによるものと考えている。同様に、高所得世帯の住宅の庭は概して花資源がより豊富で、誘引される花粉媒介者が多かった。

Baldockたちは、さまざまな都市計画案の下で植物と花粉媒介者の群集がどのように変化するかをシミュレーションした。その結果、市民農園を拡大すること、公園や道路沿いの緑地で花の数を増やすこと、裕福でない地域の緑地を充実させることはいずれも、都会の花粉媒介者を保全するための簡単で効果的な方策となる可能性が明らかになった。

A large-scale study of floral resources and pollinators in 360 sites in four major British cities is published online this week in Nature Ecology & Evolution.

Although urbanization threatens pollinating insects like bees and hoverflies, previous small-scale studies have indicated that some parts of cities might support substantial pollinator populations. Identifying how different types of urban land use affect pollinators could help develop more biodiversity-friendly cities to slow declines in bees and other such species.

Katherine Baldock and colleagues surveyed the distributions of plants and pollinating insects in Bristol, Edinburgh, Leeds and Reading. They examined how these distributions differ among nine major land-use classes: cemeteries, community gardens (also known as ‘allotments’), manmade surfaces, nature reserves, other greenspaces, parks, residential gardens, road verges and sidewalks.

The authors found that residential and community gardens support higher pollinator abundances than the other classes of urban land - with up to 50 times more bees than areas with manmade surfaces, such as car parks and industrial estates. They attribute this difference to variations in flower diversity. Similarly, residential gardens of higher-income households, which typically have greater floral resources, attracted more pollinators.

The authors simulated how plant-pollinator communities would change under different urban planning schemes. They find that enlarging community gardens, increasing the number of flowers in parks and roadside verges, and enriching greenspaces in poorer areas would all be simple and effective strategies for pollinator conservation in cities.

doi: 10.1038/s41559-018-0769-y

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度