Research press release

ロンサム・ジョージの巨体と長寿はゲノムのたまもの

Nature Ecology & Evolution

Lonesome George’s genome granted gigantism and longevity

「ロンサム(孤独な)・ジョージ」を含む2頭のゾウガメのゲノムから、その体のサイズと長寿に関する洞察が得られたことを報告する論文が、今週掲載される。

ロンサム・ジョージは、すでに絶滅したガラパゴス諸島のピンタゾウガメ(Chelonoidis abingdonii)を象徴する最後の個体であった。

今回Carlos Lopez-Otin、Adalgisa Cacconeたちの研究グループは、ロンサム・ジョージおよびアルダブラゾウガメ(Aldabrachelys gigantea)1頭のゲノム塩基配列を解読した。アルダブラゾウガメは、インド洋に生息する唯一のゾウガメ種である。両者のゲノムを近縁種と比較した結果、代謝調節と免疫応答に関係する遺伝子ファミリーの正の選択、および増加を示す証拠が見いだされた。研究グループは、これらの遺伝子ファミリーがゾウガメの巨体と長寿に関係している可能性があることを示唆している。

寿命が長い生物は理論的にがんのリスクが高くなる。研究グループは、カメの腫瘍抑制遺伝子が他の脊椎動物よりも多くなっていることに加え、過剰発現ががんの一因となることが知られている2つの遺伝子のゾウガメ特異的な変化を明らかにした。こうした知見はゾウガメ特異的ながんの機序を示している可能性があるが、カメでは腫瘍が極めてまれであるため、このようなゲノムの特徴が腫瘍の発生と関係しているかを明らかにするには、さらに研究を進める必要がある。

著者たちは、今回のデータがゾウガメ生物学の理解を進展させる一助になるとともに、ガラパゴス諸島の他のゾウガメを保護する活動に役立つだろう、としている。

The genomes of two giant tortoises - including ‘Lonesome George’ - provide insights into the animals’ size and long lifespans, reports a paper published online this week in Nature Ecology & Evolution.

Lonesome George was the iconic last member of the now extinct Pinta Island tortoises (Chelonoidis abingdonii), from the Galapagos Islands.

Carlos Lopez-Otin, Adalgisa Caccone and colleagues sequenced the genomes of Lonesome George and one Aldabra giant tortoise. The Aldabra giant tortoise (Aldabrachelys gigantea) is the Indian Ocean’s only living species of giant tortoise. Comparing these to the genomes of related species, they find signatures of positive selection for, and expansion of, gene families associated with metabolism regulation and immune response. These, the authors suggest, could be linked to the exceptionally large sizes and long lives of these tortoises.

Long-lived organisms are theoretically at a higher risk of cancer and the authors found that, in turtles, tumour suppressors are expanded compared to other vertebrates, as well as giant-tortoise-specific alterations in two genes whose overexpression is known to contribute to cancer. Although these findings might point to a giant-tortoise-specific cancer mechanism, tumours are very rare in turtles so further studies are needed to determine if these genomic features are associated with tumour development.

These data will help improve our understanding of giant tortoise biology and aid efforts to conserve other giant tortoises in the Galapagos Islands, the authors conclude.

doi: 10.1038/s41559-018-0733-x

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度