Research press release

チョコレートの起源は古かった

Nature Ecology & Evolution

Pushing back the origin of chocolate

チョコレートの原料植物であるカカオは、これまで考えられていたよりも約1500年早く栽培化されており、その場所は中米ではなく南米であったことを明らかにした論文が、今週掲載される。

コロンブス以前のメソアメリカにおいて、カカオ(Theobroma cacao)は文化的に重要な作物であった。カカオ豆は、通貨として使われるとともに、祝祭や儀式で飲むチョコレート飲料を作るのにも用いられていた。考古学的証拠から、こうしたカカオの使用は3900年前にさかのぼり、中米で栽培化されたという説が定着している。しかし、遺伝学的証拠からは、カカオとその近縁種は南米の赤道付近で最も多様化していることが示されている。この地域では、カカオは現代の先住民集団にとって重要なものとなっており、実はこちらがカカオの発祥の地なのではないかと考えられていた。

Michael Blakeたちは、マヨ-チンチペ文化で知られる最古の遺跡・サンタアナラフロリダの土器を調べた。この遺跡では、遅くとも5450年前には人間が居住していた。Blakeたちは、5300~2100年前にマヨ・チンチペ文化でカカオが用いられていたことを示す証拠として、土器片の内面に付着したカカオ属種に特有のデンプン粒の存在、カカオにあって近縁の野生種にはない苦味アルカロイド・テオブロミンの残留物、そしてカカオ特有の塩基配列を持つ古代DNA断片の3つを発見した。

こうした知見は、中米でカカオが利用される1500年以上前にマヨ-チンチペの人々がカカオを栽培化していたことを示唆している。サンタアナラフロリダの人工遺物には太平洋沿岸とつながりを持つものもあることから、研究チームは、文化的に重要な植物を含む物品の交易によってカカオが北方へ送られるようになった可能性があるとしている。

Cacao, the plant from which chocolate is made, was domesticated around 1,500 years earlier than previously thought, and in South America rather than Central America, reports a paper published online this week in Nature Ecology & Evolution.

Theobroma cacao was a culturally important crop in pre-Columbian Mesoamerica. Cacao beans were used both as currency and to make the chocolate drinks consumed during feasts and rituals. Archaeological evidence of the crop’s use, dating back to 3,900 years ago, has helped to cement the idea that T. cacao was domesticated in Central America. However, genetic evidence shows that the highest diversity of T. cacao and related species are found in equatorial South America, where cacao is important to contemporary indigenous groups, hinting that this may actually be where the domestic crop originated.

Michael Blake and colleagues studied ceramic artefacts from Santa Ana-La Florida, the earliest known site of Mayo-Chinchipe culture, which was occupied from at least 5,450 years ago. The authors found three lines of evidence to show that the Mayo-Chinchipe culture used cacao between 5,300 and 2,100 years ago: the presence of starch grains specific to Theobroma on the interior of potsherds; residues of theobromine, a bitter alkaloid found in T. cacao but not its wild relatives; and fragments of ancient DNA with sequences unique to T. cacao.

These findings suggest that the Mayo-Chinchipe people domesticated T. cacao at least 1,500 years before the crop was used in Central America. As some of the artefacts from Santa Ana-La Florida have links to the Pacific coast, the authors propose that trade of goods, including culturally important plants, could have started cacao's voyage north.

doi: 10.1038/s41559-018-0697-x

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度