Research press release

口蹄疫のワクチン接種でアフリカ東部の貧困を緩和できる可能性がある

Nature Ecology & Evolution

Vaccinating against foot-and-mouth could reduce poverty in eastern Africa

家畜に広がる口蹄疫系統の先行的な同定に基づくワクチン接種プログラムが、アフリカ東部の貧困の緩和に役立つ可能性があることを示唆する論文が、今週掲載される。

アフリカでは、口蹄疫による家畜生産の損失が、毎年約23億ドルに上ると推定されている。アフリカ南部では口蹄疫に対する大規模なワクチン接種戦略が実施されてきたが、現地の疫学的状況がほとんど明らかにされていないアフリカ東部では、防疫は極めてわずかである。

Tiziana LemboとRichard Reeveたちは今回、タンザニアの営農世帯を調査し、地元民の間では口蹄疫が重大な懸念材料であり、経済的に大きな負担となっていることを明らかにした。家畜の口蹄疫大流行による支出に苦しむ世帯は一般に、家族の健康にかける費用が約25%少なかった。

著者たちは、異なる系統の口蹄疫ウイルスに対する家畜の曝露歴を調べ、口蹄疫が特定のウイルス系統の緩やかな波となって、アフリカ東部全体に広がっていくことを見いだした。また、アフリカ南部とは異なり、家畜が野生のスイギュウから口蹄疫に感染することはまれであることも分かった。このことは、野生動物と家畜との分離戦略が奏功する可能性が低いことを示唆している。

著者たちは、現在広がっている系統の早期監視を先行的な系統特異的ワクチン接種と組み合わせることで、アフリカ東部における口蹄疫の経済的影響および衛生的影響はコスト効率よく軽減される可能性がある、と結論付けている。

A vaccination programme based on the proactive identification of circulating strains of foot-and-mouth disease in livestock could help alleviate poverty in eastern Africa, suggests a paper published online this week in Nature Ecology and Evolution.

Foot-and-mouth disease in Africa is estimated to account for livestock production losses of around US$2.3 billion each year. Although mass vaccination strategies against foot-and-mouth have been implemented across southern Africa, control of the disease has been minimal in the east of the continent, where little is known about its local epidemiology.

Tiziana Lembo, Richard Reeve and colleagues surveyed farming households in Tanzania. They find that foot-and-mouth disease is a major concern among local people and that it has a high economic burden - households battling the costs of outbreaks in their livestock typically spend around 25% less on human health.

Testing livestock for past exposure to different strains of the foot-and-mouth virus, the authors find that the disease passes through eastern Africa in slow waves of specific virus strains. They also find that, unlike in southern Africa, it is rare for livestock to become infected with foot-and-mouth disease from wild buffalo, which suggests that wildlife-livestock separation strategies are unlikely to be effective.

The researchers conclude that the early surveillance of currently circulating strains coupled with proactive strain-specific vaccination could cost-effectively mitigate the economic and health impacts of foot-and-mouth disease in eastern Africa.

doi: 10.1038/s41559-018-0636-x

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度