Research press release

大きな恐竜の成長の仕方

Nature Ecology & Evolution

How to grow a giant dino

後期三畳紀アルゼンチンの新たな恐竜の化石(約2億3700万~2億100万年前)について報告する論文が、今週掲載される。この標本は、近縁のティタノサウルス類を3000万年さかのぼる最古級の巨大竜脚類であり、このクレードがどのようにしてそれほど巨大なものになり得たのかに関する私たちの理解を変えるものである。

ブラキオサウルス(Brachiosaurus)やディプロドクス(Diplodocus)のような、巨大で首が長い4本足の竜脚類は、最も象徴的な部類の恐竜である。しかし、この分類群の最初期のものは、こうした50トンにもなる巨大恐竜ではなく、2本足の小型生物であった。そびえるような巨体となるには、体を支える真っすぐな脚と連続的な高速成長戦略の両方を発達させることが不可欠であったと考えられていた。

Cecilia Apaldettiたちは、共に「レッセムサウルス類(lessemsaurid)」に分類される新発見の恐竜種Ingentia prima、および既知の種Lessemsaurus sauropoidesの化石を調べた。両種の恐竜は、ブラキオサウルスやディプロドクスを約4700万年さかのぼる2億3700万~2億100万年前に、現在のアルゼンチン(当時の超大陸パンゲアの南東の端)に生息していた。

レッセムサウルス類は体重が7~10トンと推定され、首と尾は長かったものの、ディプロドクスほどではなかった。後の竜脚類と同様に、レッセムサウルス類は鳥類のような気嚢(呼吸器系の構造物で、こうした大型動物では体温の上昇を抑制するのに必要と考えられている)を有していた。しかし、後代の同類恐竜とは違って、曲がった脚で立ち、急激に太く成長する骨を有していた。こうした知見は、巨大恐竜を「作る」方法が複数あること、そして、後年の象徴的な竜脚類がその点で進化的新奇性の長い歴史の恩恵を受けていたことを示している。

New dinosaur fossils from the Late Triassic of Argentina, around 237-201 million years ago, are described in a paper published online this week in Nature Ecology & Evolution. This specimen is among the earliest giant sauropods - 30 million years older than its titanosaur cousins - which changes our understanding of how this clade could grow to such immense sizes.

Long-necked and enormous, four-legged sauropods like Brachiosaurus and Diplodocus are among the most iconic of dinosaurs. Unlike such 50-tonne giants, however, the earliest examples of this group were small, two-legged creatures. To transition into towering behemoths, it had been thought that the development both of straight legs for support and of a continuous, rapid growth strategy were essential.

Cecilia Apaldetti and colleagues examined the fossils of the new dinosaur species Ingentia prima and the previously known species Lessemsaurus sauropoides, which are grouped together as ‘lessemsaurids’. These dinosaurs lived 237-201 million years ago - around 47 million years before Brachiosaurus and Diplodocus - in what is now Argentina, but was then the southeast corner of the supercontinent Pangaea.

Weighing in at an estimated 7-10 tonnes, the lessemsaurids had elongated necks and tails, although not so long as Diplodocus. Like later sauropods, lessemsaurids had bird-like air sacs - respiratory structures that may have been necessary to keep such large animals cool. Unlike their more recent counterparts, however, they stood on bent legs, and had bones that grew thick through accelerated bursts. These findings show that there is more than one way to ‘make’ a giant dinosaur, and that the last, iconic sauropods had the benefit of a long history of evolutionary innovation in this regard.

doi: 10.1038/s41559-018-0599-y | 英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

プライバシーマーク制度