Research press release

カイコの歴史を紡ぐ

Nature Ecology & Evolution

Spinning the history of the silkworm

カイコの繭は、世界有数の価値ある材料となっている。しかし、カイコの飼養化の詳細な歴史はよく分かっていない。

今回Shuai Zhanたちは、中国、ヨーロッパ、日本、およびインドのカイコ137系統の遺伝物質を解析した。解析の結果、カイコが5000年前の中国で野生原種であるクワコ(Bombyx mandarina)から飼養化されたことが確認された。また、中国、南アジア、ヨーロッパを結ぶ古代の有名な交易路「シルクロード」に沿って、複数回にわたって分散したことを示す証拠も発見された。その後、特徴的な改良系統が中国と日本で育種された。

Zhanたちはさらに、生糸の生成に関連する遺伝子の選択が行われたことを見いだした。これらの遺伝子には、絹タンパク質の産生に重要な窒素とアミノ酸の代謝に関与するものが含まれていた。また、概日リズムの変化、繭の大型化、および熱帯環境での繁殖サイクル数の増加など、カイコの飼養地域によって、それぞれ異なる適応を遂げてきた証拠も発見された。

The domestication history of silkworms is unravelled in a paper published online this week in Nature Ecology & Evolution.

The cocoons of silkworms form one of the world’s most prized materials. However, the detailed history behind silkworm domestication remains ambiguous.

Shuai Zhan and colleagues analysed genetic material from 137 silkworm strains from China, Europe, Japan and India. The authors confirm that silkworms were domesticated in China 5,000 years ago from a wild ancestor, Bombyx mandarina. They also find evidence for multiple dispersal events along the Silk Road, the famous trade route of antiquity between China, South Asia and Europe. Subsequently, distinctive and improved strains were bred in both China and Japan.

In addition, the authors find selection for genes relating to cocoon-silk creation: for example, genes that have roles in the metabolism of nitrogen and amino acids, both of which are important for silk protein production. They also find evidence for different adaptations between the geographic regions where silkworms are farmed, including circadian rhythm changes, larger cocoons, and increased number of breeding cycles in tropical environments.

doi: 10.1038/s41559-018-0593-4 | 英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

プライバシーマーク制度