Research press release

太古の虫害が大量絶滅に関する洞察をもたらす

Nature Ecology & Evolution

Ancient insect bites provide mass extinction insight

恐竜を滅ぼした大量絶滅事象からの生態系の回復が、南半球では北半球の2倍の速さで進んだことを、化石化した植物の葉に認められる虫害の分析結果が明らかにしている。創刊コンテンツの中の1編として今週オンラインで掲載される論文の知見は、大量絶滅の生態学的作用、および世界各地に及んださまざまな影響に関する新たな洞察をもたらす。

植物と草食性昆虫との相互作用は、陸上食物網の重要な構成要素である。メキシコ・チクシュルーブでの約6600万年前の大隕石衝突によって白亜期末の絶滅事象が引き起こされたが、北米ではその相互作用の回復に900万年を要したことが過去の研究で明らかにされている。しかし、南半球ではその絶滅事象がそれほど過酷なものではなかった可能性があり、北半球で絶滅に至った種にとっては南半球が安全地帯になったのではないかと示唆されている。

Michael Donovanたちは、絶滅事象の前後の時期を代表するアルゼンチン・パタゴニアの発掘現場を対象として、昆虫が葉に与えた損傷の多様性を調べた。その結果、レフュジア仮説とは裏腹に、個々の昆虫種が生き延びたことを示す証拠は認められず、南米の絶滅事象が北米と同等に過酷であったことが分かった。しかし、昆虫・植物間の相互作用の多様性は(北米の900万年と比較して)わずか400万年で完全に回復しており、南米の生態系の回復がはるかに迅速であったことも明らかにされた。

An analysis of insect damage found on fossilized plant leaves reveals that Southern Hemisphere ecosystems recovered twice as fast as Northern Hemisphere ecosystems from the mass extinction event that wiped out the dinosaurs. The findings, reported in a paper published online this week as part of the first batch of content in the new journal Nature Ecology & Evolution, provide new insights into the ecological effects of mass extinctions, and the various impacts they had in different parts of the world.

The interactions between plants and insect herbivores are a crucial component of terrestrial food webs. Previous research has shown that in North America these interactions took nine million years to recover from the extinction event at the end of the Cretaceous period, which was caused by the impact of a large meteor at Chicxulub in Mexico approximately 66 million years ago. However, it has been suggested that the extinction event might have been less severe in the Southern Hemisphere, it serving as a refuge for species that went extinct in the Northern Hemisphere.

Michael Donovan and colleagues examined the diversity of insect-caused leaf damage at sites in Patagonia, Argentina, representing a period before and after the extinction event. Contrary to the refugium hypothesis, they find the extinction event was as severe in South America as in North America, with no evidence of individual insect species surviving it. However, they also find that ecosystem recovery was much faster in South America, with the full diversity of insect--plant interactions restored within only four million years (compared with nine million in North America).

doi: 10.1038/s41559-016-0012

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度